吉田明世アナウンサー妊娠でサンジャポ降板!夫はチャラ男ではなく侍

3年3か月の間、TBSテレビ「サンデージャポン」の顔だった吉田明世アナウンサー。

妊娠による体調不良が続いていましたが、降板(卒業)の運びとなりました。

個性的なキャラとリポートで番組を盛り上げてくれた吉田明世アナの最後のサンジャポ勤務をレポートします。

スポンサーリンク

吉田明世アナウンサーの略歴・プロフィール

誕生日 1988年4月14日(牡羊座)
出身地 東京都
出身高校 成城学園高校
出身大学 成城大学文芸学部マスコミュニケーション学科
2011年 TBSテレビ入社

担当した主なテレビ番組
「イカさま☆タコさま」
「ニュースバード/CS」
「サンデージャポン」

担当した主なラジオ番組
「ミュージックナビ〜昨日と今日との交差点〜」

体調不良による途中退場から妊娠発表、降板まで

最初に異変があったのは、
10月29日のサンデージャポンの生放送中。

吉田アナは突然気分が悪くなり、
放送途中で退席しました。

「貧血を起こしてしまった」
と言うことでしたが、
翌日出演したラジオで、
その時のことを以下のように語っています。

『頭が痛いなと思っているうちに
目が見えなくなり、
次のVTR振りをして
裏にハケようと思っていたら、
目の前が砂嵐になって
意識を失いました』

気を失うほどの貧血って、
相当重症です…。

すぐにメディアでは
「吉田明世アナ、妊娠?」説が流れ始めました。


1週間後・翌週の生放送でも、
またしても気分が悪くなって途中退席。


そして、12月3日に妊娠発表、
12月24日・クリスマスイブの
サンデー・ジャポン放送を最後に
降板となった、ということです。

途中退席後の放送では、
25万円のマタニティチェアに座って
生放送の司会を進行。


爆笑問題の二人が立っている横で
高級イスに座る吉田明世アナ。

ひたすら恐縮していました。

吉田明世アナの食レポが個性的!

吉田明世アナは独特の感性の持ち主で、
食レポなどでも他の人にはちょっと
マネできない個性的なコメントを
残しています。

なんかこれ食べてると、
あぁ、周りの人にもっと優しくしよう
と思いませんか?

「(これを食べると)
ギラギラしなくて良いんだ、
一度すっぴんに戻ろうかなって
思います。

などと、食べ物から精神状態に
強く影響を受ける特殊体質をさらけ出し、
まわりのレポーターやタレントさんを
困らせていました。

スポンサーリンク

半同棲を写真誌にスクープされてから結婚まで

そんな個性的なコメントが注目を浴び、
2014年10月5日から
サンジャポ6代目アシスタントに抜擢。

小ボケ体質を活かして、
すぐに番組の顔となりました。


仕事も順調だった2016年2月、
「フライデー」に半同棲状態の
彼がいることをスクープされます。


お相手の「彼」は一般男性ですが、
芸能人とも付き合いのあるチャラ男
と報道されてしまいます…。

この報道を受け、
吉田明世アナは交際を認めた上で、

今まで会った男性の中で
一番真面目な人だなと思って、
そこにひかれたので。

全然チャラ男ではないです。

ホントに侍のような人で。


と、愛する彼のことを表現し、
笑いを話題を呼んでいました。

フライデーの報道から8か月後、
ふたりはめでたく結婚。

旦那さんとなった彼・お侍さんは、
吉田明世アナとの結婚に関して
「結婚は人生の墓場などと言われていますが…?」
と聞かれると、

(吉田明世アナと)
一緒のお墓に入れるので
それだけで幸せです


と言って、吉田アナを喜ばせています。

こんなセリフ、女性なら一度は言われてみたいですね!


そして2016年12月、
二人はめでたく結婚。

それから約1年。

こんどはおめでたの報告へと至ったわけです。

夫のお侍さんから吉田明世アナへのメッセージが感動もの!

吉田明世アナのサンジャポ卒業に当たり、
番組を通じて
夫のお侍さんから妻の明世アナへの
メッセージが届けられました。

明世、3年3か月もの長い間、
本当にお疲れさまでした。

「アナウンス技術も高くない。
才能もない。かわいくもない。
そんな私を選んでくれたサンジャポのために
少しでも役に立てることがあるなら
何でもやりたい。」

いつもそう言いながら、
陰で必死に努力している姿を
ぼくは一番近くで見てきました。

だから、あたりまえのように、
大好きな番組、大好きな仕事よりも
子供を優先してくれたこと。

あたりまえじゃないと思う。

夫である前に、
ひとりの人間として、
心から敬意を表します。

サンジャポにタップリの愛情で
育てていただいた感謝を忘れず

サンジャポに負けないくらい
ヤンチャな子供を育てましょう。

来年からは、毎週日曜日の朝
一緒にゆっくりサンジャポを観ようね。

侍より



夫からの愛のメッセージに涙する吉田明世アナ。

【吉田明世アナから番組へのメッセージ】

キャラも特技も(無く)かわいくもない
私を選んでくださって、
ホントに私でいいのかなと
思いながらやってきました。

個性的でとてもやさしい皆さんと
お仕事させてもらって
すごく刺激的で楽しい、
幸せな3年3か月でした。



学生の頃からずっと見ていた番組で、
まさか自分が担当させてもらえると
思ってなかったので
最初の頃の記憶は正直ほとんどないのですが

でも本当に毎回が楽しい、
刺激的な放送でした。


西川史子さんも、吉田明世アナのことを

「(珍しく)すごく闇のないアナウンサー」
とほめていました。


私も毎週サンジャポを観てきましたが、
吉田明世アナは本当に敵を作らないタイプの、
嫌味のないステキな女性だと思います。


やさしくて思いやりのあるお侍さんと、
これから生まれてくる赤ちゃんと、
幸せな家庭を築いて行ってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする