高橋礼華は妹もかわいい!彼氏は三代目JSB?ラケットと国籍は…

リオオリンピックのバドミントン女子ダブルスで、ペアの松友美佐紀選手と共にみごと金メダルをとった、『タカマツペア』の高橋礼華選手。

妹や彼氏、愛用しているラケット、出身地(国籍)や趣味などについて調べてまとめました!

スポンサーリンク

高橋礼華選手のプロフィール・略歴

高橋礼華(たかはしあやか)
生年月日:1990年4月19日
出身地:奈良県橿原市(かしはらし)
身長:164cm
聖ウルスラ学院英智中学校→聖ウルスラ学院英智高校→日本ユニシス所属
バドミントン女子ダブルス世界ランキング1位(2017年8月3日付)
 日本国内ランキング1位(2017年7月7日付)
右利き
趣味:三代目JSBのライブDVDを見る事

妹・高橋沙也加選手はシングルスのランキング上位

高橋礼華選手には、同じくバドミントン選手の高橋沙也加という2歳年下の妹がいます。

スラリとした長身のスリム系美女です。

礼華・沙也加姉妹のお母さんもバドミントンをやっていたことから、ふたりとも幼い頃からバドミントンに親しんでいたようです。

妹の沙也加は左利きで、身長は姉の礼華より4センチ高い168センチ。

姉の礼華選手同様、日本ユニシスに所属。

女子シングルスの世界ランキング25位(2017年8月3日付)・日本国内ランキング8位(2017年7月7日付)。

日本で8位だと、世界大会に日本代表として出場するのはまだ難しいですが、今後の頑張りしだいでは2020年の東京オリンピックで高橋姉妹の活躍が期待できるかもしれません!

スポンサーリンク

松友美佐紀とは高校からのペア!

高橋礼華選手は、リオオリンピックでともに金メダルをとった時の相方・松友美佐紀選手と高校1年の時からペアを組んでいます。

出会いはすでに、小学生の時から始まっていたようです。

この長い付き合いが、タカマツペアの絶妙のコンビネーションを築き上げてきたのですね。

性格は正反対で、「私についてきなさい」的な姉御肌の高橋礼華に対して、一見控えめで前に出ようとはしないけれど、秘めた闘志を持つ松友美佐紀。

プレースタイルも全然違います。

主に後衛を担当する高橋選手は、パワープレイで速くて重いスマッシュを打ちこみ、主に前衛を担当する松友選手は、冷静に相手の動きをよく見ながら、ここぞという時に驚くほどのスピードでシャトルに飛びつきます。



北都銀行の米元小春・田中志穂ペア(女子ダブルス日本国内2位)との因縁の対決。
やっぱりタカマツペアは強いですね~!

高橋礼華の国籍は?中国人というウワサがあるけど…

高橋礼華選手の名前をネットで調べると、予測ワードに「高橋礼華 中国人」と出てくることがよくあります。

これは「高橋礼華 中国人」という言葉で調べる人がそれだけ多くいるということですが、高橋選手の顔つきが中国人ぽく見えるからでしょうか?

実際のところ高橋選手のご両親は日本人で、高橋選手は日本国籍を持つ日本人です。

なので中国人または中国出身ということはありません。

2代前・3代前以前の遠い先祖のことまではわかりませんが、それは日本人なら誰にでも言えることですよね。

高橋礼華のラケットは?

高橋礼華選手は、いつも必ずYONEXのラケットを使用しています。

長年「YONEXボルトリック80」を使っていて、高橋選手のトレードマークのようになっていましたが、2016年には「YONEXデュオラ7」に変えたと本人がTwitterで言っています。

デュオラ7は重量バランスに偏りのないイーブンタイプのラケット。

お値段は2万円前後です。

ボルトリック80は、もう販売されてないみたいですね。

彼氏は3代目JSBの山下健二郎!?

高橋礼華選手の彼氏は、三代目JSBの山下健二郎では!?というウワサがチラホラ流れているのですが…。

残念ながら、単に高橋礼華選手がJSBのファン、特に山下健二郎さんの大ファンで、山下氏のラジオ放送(オールナイトニッポン)にゲストとして呼ばれて共演しただけ…、ということでした。

実はガーリーで女子力高めの高橋選手

バドミントンのコートでは姉御肌でリーダー的な存在の高橋選手ですが、私生活やファッションの趣向はとても女性らしく、女子力が高いことで知られています。


引用元:https://runrunskip.com

どんな試合でも、必ずネイルはバッチリ。

ヘアピンやピアスなどのアクセサリーにも、いつも気を使っています。

これに対し、「美女アスリート」と呼ばれ、女性らしい雰囲気の漂う松友選手は、ネイルにもアクセサリーにも全然興味がないようです…。

見た目のイメージと全然違いますね(笑)。


どこまでも対照的な二人ですが、今後のさらなる活躍にご期待ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする