子供が嫌いな野菜を食べさせるには、隠さず見せるのがコツ!

子供って、好き嫌いが多いですよね。

でも、健康に育ってもらうためには、できるだけ好き嫌いせず野菜をしっかり食べさせたいもの…。

我が家では、逆転の発想で子供に野菜を食べさせる方法を実践しています。

スポンサーリンク

【ライター・チェリー】


子供は、子供特有の好き嫌いがあって、毎日の食事作りは本当に大変。

特に野菜は、大人にとってはおいしいと感じられるものでも、子供は味覚が敏感なので、苦みや辛み、エグみなどを大人よりも強く感じ取ってしまうのです。


私も何とか野菜を食べさせようと、フードプロセッサーでつぶして細かくしたり、ハンバーグの中に入れて隠したりなどして工夫していました。

でもそうすると、子供は味に敏感ですから、「野菜が隠されている」と気づいてしまうんですね。

そうなるともう、どこに野菜が隠れているか気になって、隠し野菜メニューをなかなか食べてくれなくなってしまったのです。


そこで今度は、ニンジンやじゃがいも、ブロッコリーなどを、あえて大きく切って出すようにしてみました

見た瞬間、ここにニンジンがあるよ!

というくらい、わかりやすい感じで。


そのかわり、嫌いな野菜は1~2切れだけにして、その1切れ・2切れを食べられたらすごい!という空気を作りました。

そうしたら子供たちは、意外とあきらめが早く、すんなり食べてくれるようになりました。

「これを食べれば嫌いな野菜は終わり」というのがハッキリわかるのが、成功の秘訣だったのだと思います。


野菜をそれまではほとんど食べずにきた子供たちでしたが、大きく切ってわかりやすく出すことで、徐々に量も食べられるようになり、さらには食べられる野菜の種類も増え、いろいろな食材に挑戦しても、食べてくれるようになりました。


野菜だけでなく、豆腐や魚、肉等もこの方法をとりいれて料理をしています。

隠さないで大きく切ってお味噌汁に入れたり、肉も大ぶりなまま調理して、自分で噛みきるようにさせ、食材そのものの味を味わうように工夫してみました。

素材のひとつひとつを目立たせることによって、「今何を食べているか」ということに意識を向けられるようになったのでしょう。


嫌いな食材を隠してダマしダマし食べさせようとするよりも、

「ここにあるから一緒に食べてみようね!」
と、自分が今何にトライしようとしているかをはっきりさせる方が、食育にもつながると思います。


「全ての子供に合う方法」
とは言えないかもしれませんが、お子様の好き嫌いに悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする