SKE48須田亜香里はかわいくない?おばさん顔なのになぜ人気?

AKBグループ、SKE48の須田亜香里さんが、最近バラエティ番組などでも引っ張りだこの大人気です。

須田亜香里さんは、「アイドルなのにかわいくない」「なぜ人気があるのか」と不思議がられている存在です。

かわいくないアイドル・須田亜香里さんの人気の秘密を掘り下げてみました。

スポンサーリンク

神セブン(?)須田亜香里とは

須田亜香里(すだあかり)さんは、自分自身のことを

ブスなのに神7※」と豪語し、自他ともに認めるブスアイドルです。

アイドルグループSKE48に所属し、

2017年度のAKB48総選挙で6位を獲得しています。


須田亜香里さん

これは公式サイトに使われている写真です。

プロのカメラマンを使ってスタジオで何十枚と撮った写真の中でこれを使っている、つまりベストな写真がこれなわけですから、やっぱりかわいくない…?

微妙ですね。

しかも、どことなくおばさんくさいです。


一般女性として見れば、このレベルをブスとは言わないと思います。

普通に「まあまあ」です。

でも、トップアイドルとして出てこられると、やっぱりかわいいとは言えないかも…。

【神7(神セブン)とは】

「神7」とは、
AKBグループが総選挙を始めた初期の頃にできた言葉です。


第1回総選挙・第2回総選挙で、

順位の変動があっても、

1位から7位までのメンバーは変わらず、

しかも8位以下とは得票数に大きな差があった
ことからつけられた名前です。

須田亜香里さんは、2016年の第8回総選挙で7位、

2017年の第9回総選挙で6位だったので、

自分のことを「神7」と呼んでいるようです。

須田亜香里のプロフィール

生年月日:1991年10月31日 (26歳-2017年11月現在)
出身地:愛知県
身長:159 cm
参加ユニット:SKE48

須田亜香里はおばさんくさい?

ネットで「須田亜香里」と検索すると、検索候補に「おばさん」というワードがくっついてきます。

須田亜香里さんは、おばさんなのでしょうか。

いえ、正真正銘の1991年生まれ、現在26歳です。(多分ねw)

昭和と違って、アイドルの年齢詐称がまかり通る時代ではありませんので。


私は須田亜香里さんのファンでもアンチでもないので、客観的かつ中立の立場で須田さんを見ていますが、本当にオバサンっぽいと思います。

もしかしたら、須田亜香里さんと本人のお母さんが時々入れ替わっている可能性もあるかも、と思ってしまうくらい。


写真だけ見ていると、なぜ人気なのか、なぜアイドルグループのトップクラスにいるのか、不思議でなりません。

※あくまでも個人の感想です。

スポンサーリンク

須田亜香里はなぜ人気があるのか

では、アイドルとしてはかわいくなくて、おばさんくさい須田亜香里さんが、なぜ人気があるのでしょうか。

AKBグループには、須田さんと同様、アイドルとしてはかわいくなくておばさんくさい指原莉乃さんがいます。


指原莉乃さん


指原莉乃さんも、総選挙で3年連続通算4度の1位を獲得しており(2017年時点)、バラエティ番組でも大人気です。


そういう意味では、指原莉乃さんと須田亜香里さんは同じ匂いがしますね。

かわいくないから開き直れる・使いやすい

アイドルでも女優さんでも、誰もが認める美人やかわいいタレントさんには、ファンが勝手に抱く「イメージ」があります。

そのイメージが邪魔して、好き勝手なことを言えません。

言っても嫌味になってしまうのです。


例えば、美人モデルの菜々緒さんが、以前「私はブス」「容姿に恵まれなかった」とTwitterで発言し、プチ炎上を引き起こしたことがあります。


菜々緒さん

もし菜々緒さんがバラエティ番組に出て「私はブスだから」と言ったら、きっとまわりの共演者はどう突っ込んでいいかわからず、微妙な空気が流れてしまうでしょう。

でも、須田亜香里さんや指原莉乃さんが「私ブスだから」と言ったら、MCやお笑い芸人さんが上手に乗っかって上手く突っ込んでくれそうです。

そういう立ち位置の人の方が、バラエティなどでは使いやすいんですよね。


「アイドルなのにかわいくない」という立ち位置に気づいて、それを利用できると気づいた指原莉乃さん・須田亜香里さんは、タレントとしてすごく扱いやすい存在です。


ファンとしても、「完璧な美女より、どこか崩れてイマイチな印象を受ける顔の方が、親しみが持てる」というのもあるようです。

須田亜香里はファンをとても大切にしている

須田亜香里さんの人気の理由は、ファンを大切にしているからだと言われています。

握手会では

「握手がすごい」

「覚えていてくれた」

「ファンを楽しませようとしてくれている」

…と言われていることからみてもわかるように、人柄や努力、ファンへの対応力が不動の人気を支えているようです。


これぞ元祖「会いに行けるアイドル」の鑑のような人ですね。

覚えてもらえれば顔は関係なくなる!

かわいくなくておばさんくさい須田亜香里さんですが、テレビなどのメディアに出る機会がどんどん増えています。

人は、「見覚えのある顔」「よく見る顔」に、安心感や親近感を抱くものです。

今後もテレビなどに出る機会が増えれば、もっといろいろな人に覚えてもらえるようになりますね。


人に安心感を与える容姿は武器になるので、

これからも「ブスなのに神7」

「AKBグループなのにかわいくないアイドル」として、

独自の道を切り開いていってほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする