どうして白髪が増えるの?女性の白髪の原因は?

一定の年齢を過ぎると、誰でも頭に白いものがチラホラ目立つようになってきます。

でも、特に女性にとって、白髪は気になるもの。

最近の研究では、白髪によっては改善できる場合もあるということがわかってきています。

原因を知ることで、将来できてしまうかもしれない白髪を予防できることも…。

白髪になる原因について調べてまとめました。

スポンサーリンク

女性特有の白髪が増える原因

camerondell

白髪ができる基本的なメカニズムは、髪にメラニン色素を付ける色素細胞が衰えることで起こります。

これについては知っている方も多いですね。

しかし、なぜ色素細胞が衰えるのかについてはまだ研究段階で、「身体機能が衰えるから」という想定がなされているにすぎません。

そんな中で、考えられる白髪の原因について見て行きましょう。

白髪の原因・遺伝

考えられる白髪の原因の第一に、「遺伝」があります。

「髪質」「肌質」は、遺伝要素が大きいのです。

若くして白髪になった人がいる家系では、その子供も若白髪になったりすることもあるし、逆に白髪が遅い遺伝を持つ家系もあります。

薄毛などの髪トラブルと同じように、白髪に関しても遺伝による要素が比較的大きいので、親族に若白髪の人がいる場合は、予防・対策をしっかりしておきましょう。

白髪の原因・病気

病気を患うことによって、白髪が増える場合があります。

髪の健康は血液によって運ばれてくる栄養で保たれていますが、病気の種類や症状によっては、血流が悪くなったり、体全体の血液が不足気味になったりすることもあるため、白髪になりやすくなるのです。

また、頭皮に白斑などができた場合、その部分だけが白髪になることもあり、これは突然というよりは病気になることで副作用的に白髪になってしまったケースと考えられます。

スポンサーリンク

遺伝や病気による白髪は予防が難しいですが、原因によっては予防が可能な白髪もあります。

ここからは、予防可能な白髪の原因を見て行きましょう。

白髪の原因・栄養不足

白髪の原因として「栄養不足」によるものもあるとされています。

過度なダイエットなどによって栄養不足におちいると、ビタミン・ミネラルや良質なタンパク質が不足し、頭皮の血流も悪くなって白髪になる場合があります。

これは食生活を整えることで予防できます。

白髪の原因・ストレス

「ストレス」が原因で白髪になることもあります。

ストレスと白髪の関係はとても深いとされていますから、白髪を増やさない為にはストレスをしっかり発散して溜め込まない生活が肝心です。


栄養不足やストレスなどが原因の白髪は、白髪になってしまった後でも改善可能なケースもあります。


白髪は治る!?マブチメディカルクリニック院長が教える白髪の治し方


白髪は気になるものですが、気にしすぎは新たな白髪の原因になってしまうこともあるので、血行を良くし、栄養バランスの整った食事をとり、ストレスと上手に付き合いながら予防していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする