海外からも大注目!日本人の体質に合う発酵食品

発酵食品は、カビ菌や酵母菌などによって食材が分解発酵されることにより、体の免疫力を高める効果を持った食品です。

発酵食品が健康維持や長寿のために良いとされる一方で、近年注目されるようになってきているのが「発酵食品と体質との相性」です。

腸内に住む常在菌のバランスに個人差があるように、日本人の体質に合う発酵食品と、合いにくい発酵食品があります。

長寿大国として注目を集める日本の「長寿の理由」は、和食にも数多く登場する発酵食品にあるともいわれています。

スポンサーリンク

「体質に合わない発酵食品が体に悪い」というわけではありませんが、健康に良いと思って食べ続けているのになかなか目立った効果が出なかったり、健康になるどころか下痢気味になってしまったりするようなこともあるため、できるだけ体質に合った発酵食品を摂るよう心がけるのがベターです。

日本人の体質に合う発酵食品

みそ

「みそ汁が嫌い」「サバのみそ煮を食べたことはない」という人は日本人は少ないでしょう。

実際、みそは日本人の食生活に欠かせない調味料のひとつであり、日本人の体質にもっとも合いやすい菌を持つ食品でもあります。

ks0087

みそは味噌汁だけでなく、肉や野菜を炒める際の調味料や、煮込み用の調味料としても使用もされています。

日本人にとっては、健康食品というより「欠かせない調味料」としての位置づけの方が大きいですね。


みそは、海外からも注目が集まっている発酵食品の第一位でもあります。

海外には味噌にあたる機能を果たす食材はあまりないので、大きな注目が集まっているのです。

「長寿国日本人が愛用する食材」としても取り上げられることが多く、世界中から注目が集まり、研究されています。

納豆

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、動脈硬化などの生活習慣病を予防し、便秘を改善し、老化を予防するなど、数々の健康効果があります。

ナットウキナーゼ以外にも、納豆の持つ健康パワーは、現在でも新しいものが次々発見され続けているほど奥が深いものがあります。

ks0086

日本人の腸にもなじみ深い古くからの発酵食品なので、体質にも合いやすいと言えます。

独特のねばりと臭み・味があるため、外国では受け入れられにくいですが、多くの日本人は、子供の頃から納豆に慣れ親しみ、納豆独特のクセにストレスを感じることなく好んで食する人が多いようです。

スポンサーリンク

漬け物

和食に欠かせない漬け物は、免疫力を高めるなどの健康効果も注目されている発酵食品です。

漬ける食材や調味料を変えれば味や風味も変わり、さまざまなバリエーションがあるのも、漬け物の醍醐味のひとつと言えるでしょう。

ks0085

ごはんのお供として、お酒のおつまみとしても愛される漬け物は、日本に古くからある発酵食品ですから、日本人の体質にも合いやすい食品です。

梅干し

梅干しも漬け物の一種ですが、梅干しには豊富なクエン酸が含まれ、血流を良くしたり、血管を丈夫にし、疲労を回復するなどの効果が期待できます。

ks0090

漬け物や梅干しには塩分が多く含まれていることが多いため、食べ過ぎには注意し、適度な量を食卓に取り入れて、健康的な食生活を送りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする