かかとがかゆい原因は乾燥?水虫?それぞれの対処法は?

かかとにかゆみがある、と感じたことはありませんか?

足のトラブルはなかなか人に相談しにくいもの。

特に「足のかゆみ」は、「恥ずかしいこと」のように思ってしまい、正しく対処できていない人がとても多いのです…。

スポンサーリンク

かかとがかゆくて「白い」のはカビが原因かも!?

かかとがかゆくて「白い」という場合、それは足に住みついたカビによるものかもしれません。

足につくカビとはつまり、「足白癬(あしはくせん)」と呼ばれる水虫の一種。

ks0081

足白癬の原因カビは、高温多湿を好み、足の指の間などを好みますが、かかとに住みついてかかと水虫になることもあります。

かかとが白いくらいでは、「水虫かな?」とは思わないかもしれませんが、カユミがあるなら、まずは水虫を疑ってかかった方が良いでしょう。

「かゆい」=「水虫」とは限らない!?

「かかとがかゆくて白いから、これは水虫だ!」と、自己判断で水虫薬を買って塗布しても、水虫薬では治らない場合があります。

なぜなら、「水虫にかかってしまった」と言って皮膚科を受診する患者の中の2~3人にひとりは、実際に診断してみると、湿疹やかぶれ・アレルギーなど、水虫とは全く無関係の皮膚疾患だったりすることがあるからです。


湿疹やかぶれ、アレルギーに水虫薬を塗り続けても、水虫薬に配合されているかゆみ止め成分が一時的に効くだけで、根本的な治療にはなりません。

「水虫かな?」と思ったら、薬局で水虫薬を買う前に、必ず皮膚科で診断を受けることが大切です。

スポンサーリンク

かゆくなくても水虫かもしれない!?

逆に、カユミを全く感じていなくても水虫だった、というケースもあります。

初期の頃はかゆみがあったはずのかかと水虫も、長く放置しておくと感覚がだんだんカユミに慣れていってしまい、カユミを感じにくくなってしまうことがあるのです。

「かゆみがあったけど、治ったようだ」と放置していると、家族にうつしてしまったり、角質層の奥まで入り込んで深刻化してしまうこともあるので、注意が必要です。

今かゆみがあるという方も、過去にかゆみがあったものの放置していた、という方も、なるべく早く病院で診断を受け、適正な治療を受けましょう。

乾燥のせいでかかとがかゆくなることも…

かかとがひび割れたり、実際に乾燥している感じがある人のかゆみの原因は、かかとの乾燥によるものかもしれません。

乾燥すると、人の肌は過敏になり、ちょっとした刺激でかゆみや痛みを感じてしまうことがあります。


この場合は、自宅での保湿ケアによる改善が可能です。

100円ショップのアイテムで簡単・手軽にできるかかとの角質ケアの方法

乾燥が原因のかかとのかゆみであれば、かかとの保湿環境が整えば自然と落ち着いてきます。

保湿ケアを続けても消えないカユミがある時は、迷わず皮膚科を受診しましょう。


かゆみの原因が水虫でも乾燥でも、早めの対処をすることで、治療期間を短くすることができます。

皮膚科の人は、看護師もドクターも慣れていますので、若い女性でも子供でも「普通に」対応してくれます。

恥ずかしがるより、早く治してしまいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする