体を温め免疫力を上げる身近な食べ物・飲み物で病気知らずの体作りを!

ks0069

免疫力を高めていけば、病気にかかりにくい丈夫な体をつくることができます。

そのためには、毎日の食事に使われる食材選びに少しだけ気を配っていくことが大切です。

どんな食材が免疫力を高めのるか、チェックしておきましょう。

スポンサーリンク

体を温める食品・食材

食べ物は、身体を温めるものと冷やすものに分けることができます。

免疫力をアップするためには、体温を上げることが大切なので、体を温める効果のある食材を積極的に食べるようにしましょう。

身体を温める食べ物には、以下のようなものがあります。


野菜
生姜、唐辛子、ニンニク、ニラ、大根、ゴボウ、玉ねぎ、長ネギなど

果物・ナッツ類
栗、桃、ざくろなど

魚介類
サバ、アジ、イワシ、エビ、カツオなど

肉・たまご
鶏肉、羊肉、鹿肉、卵など

調味料
みりん、みそ、ゴマ油など

飲み物
ココア、紅茶など

ks0070


また、高酸化力の高い食材も免疫力アップに大きくかかわってきますので、こちらもチェックしてみてください。

抗酸化作用の高い食品で活性酸素の発生を最小限にする!


スーパーなどで手軽に手に入る食材も多いので、これらを使った料理を毎日食卓に並べ、免疫力アップをはかりましょう。

【CookPad】で体を温めるメニューを見る

スポンサーリンク

はちみつ入り生姜紅茶で体を温める【ダイエットにも】

秋の終わりや冬など、体の冷えが気になる季節には、生姜紅茶がおすすめです。

生姜紅茶とは、紅茶にショウガを少量入れたもの。

ハチミツで甘みを整えてもおいしいです。

ks0071


医師・石原結實先生がすすめる生姜紅茶は、手軽で簡単に体を温めることができる上に、飲み方しだいではダイエットサポートにもなる飲み物としてよく知られています。

生姜紅茶を飲むととても身体が温まり、毎日続けることで免疫力をアップさせ、代謝をアップする効果が期待できます。

基礎代謝が上がれば、ダイエット効果もついてきます。

朝がつらい・いつも体がだるい、冷え性などの不調を感じている方、食事改善でダイエットしたいと思っている方は、ぜひ試してみてください。


真夏の暑い季節には、ついつい温かいものを避け、冷たいものを食べたり飲んだりしてしまいがちですが、胃腸が弱りがちな暑い季節にこそ、朝の生姜紅茶で内臓を温めるのがおすすめです。

体を冷やす冷たいものを食べる時は、体を温めるものも食べる

とは言え、真夏のかき氷、冬の暖房の効いた部屋でのアイスクリームはおいしいですよね。

『体を冷やすものを絶対に食べてはならない』というわけではありませんが、冷たいものを食べる際には、身体を温めてくれるものを一緒に摂ることでバランスを保つことができます。

冷たいデザートのお供にも、生姜紅茶はおすすめです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする