身近な食材の中にもある【スーパーフード】ゴマの栄養と健康効果

スポンサーリンク

チアシードやアサイーなど、いわゆる『スーパーフード』と呼ばれるものは、お値段も高いし調理方法もなじみがないため、なかなか食卓に並べるのは難しいものが多いですね。

ですが、普段私たちが何気なく食べている日本の食卓の中にも、スーパーフード並みの栄養を持つ食材がたくさんあります。

例えば、スーパーでも100円ほどで購入することができるゴマ。

ks0052

ゴマなら、ほうれん草のゴマあえ、白和えなど、混ぜ込んだりふりかけるだけで、ごまを使った料理を簡単に作ることができます。

今回は、ゴマの栄養、美容・健康効果についてまとめました。

ゴマの栄養

高たんぱく・良質な脂質でダイエット補助にも

ダイエットには良質なたんぱく質が欠かせません。

その観点からも、ゴマはダイエットに最適な食材です。

ゴマは脂質が多いため、脂肪が付きやすくなるのでは?と思われるかもしれませんが、ゴマに含まれる脂肪はリノール酸リノレン酸といった、高血圧の予防にも役立つ不飽和脂肪酸。

ですから、美容と健康にとても良い油なのです。

量的にも、たとえゴマづくしの食卓にしたとしても、通常は一人当たり1食大さじ1~2杯程度。

カロリーを気にする必要もなく、安心して食べることができます。

スポンサーリンク

豊富な栄養素が体を丈夫にする!

ゴマには、ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEは、抗酸化作用はもちろん、肝機能を高め、動脈硬化を防いでくれる働きも期待できます。


さらにカルシウム、鉄、ミネラルなども含まれているので、骨粗鬆予防、増血作用(貧血予防・改善)、生活習慣病予防効果などもあり、健康志向の方には最適な食材です。

高いアンチエイジング効果

最近の研究では、ごまがアンチエイジングに効果的に働きかけることも知られるようになってきています。

アンチエイジングに欠かせないのは抗酸化作用ですね。

ゴマに含まれる特有の栄養素セサミンは、特に肝臓において高い抗酸化作用を発揮し、体全のめぐりを良くして老廃物を排出する効果を高めてくれるのです。

抗酸化作用で知られるビタミンEも豊富。


アンチエイジング、美容に関心の高い方には、ぜひおすすめしたい食材です。


こちらもごあわせて参照ください↓
やせる効果プラス肌のハリアップ!アーモンドでアンチエイジング+ダイエット


ゴマの摂取目安量は1日大さじ1杯から2杯程度です。

どのような素晴らしい食材でも、摂り過ぎや偏食はあまりおすすめできません。

少量で良いので、できるだけ毎日コンスタントに摂取するよう心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする