ダイエットと美肌作りに!豆乳に含まれる栄養素と美容・健康効果

スポンサーリンク

最近では牛乳に代わって、豆乳を積極的に飲む女性が増えています。

豆乳は女性にとってうれしい効果を多く持つ食材。

豆乳に含まれるどのような栄養素が、どんな効果をもたらすかまとめてみました。

牛乳がわりに飲めばダイエットに最適!

豆乳は、とりわけダイエットに効果的だと言われています。

大豆の植物性タンパク質が脂肪を燃焼させ、腸の中で余分な糖分の取り込みをおさえるので、脂肪が付きにくくなります。

ks0048

腸がきれいになって腸内環境が整うので、便通が良くなり、よりダイエットしやすい体になっていきます。

さらに、新陳代謝が活性化し、美肌や若返りなどの効果も期待できます。


健康的にダイエットしながら美容効果もほしい、と思っている方には最適の食材ですね。

スポンサーリンク

豆乳は、大豆の栄養が吸収されやすくなった食材

豆乳は、大豆が原材料。

大豆の栄養成分がぎゅっと濃縮され、吸収されやすい状態になっています。

女性の味方・大豆イソフラボン

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをするので、美肌効果、バストアップ効果、骨粗しょう症予防なども期待できます。

さらには、更年期障害の諸症状を軽くし、生理不順や生理痛などの不快症状の改善、便秘・冷え性の改善など、女性にとってとても嬉しい効果が期待できる栄養素です。

細胞の新陳代謝に欠かせないレシチン

レシチンには、細胞に栄養や酸素を取り込み、老廃物を排出する働きがあります。

良質のレシチンを体内に取り込むことで、不要なものを体の外に出して細胞を活性化させ、きれいな体をキープすることができます。

サポニンで免疫力アップ!

サポニンには、ホルモンの分泌を活性化し、免疫力を高める働きがあります。

風邪やインフルエンザなどの感染症、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を改善します。

女性ホルモンの活性化により、更年期障害の諸症状や生理不順などの改善にも効果があります。

良質なたんぱく質

大豆たんぱく質は、動物性たんぱく質と比べてコレステロール値が低く、生活習慣病にかかりにくい良質なたんぱく質です。

大豆たんぱく質はインナーマッスルを強化しやすいので、アスリートにも人気の食材。

納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品で体作りをしているスポーツマンはとても多いのです。


豆乳は、できれば無調整のものがおすすめですが、豆乳には独特のクセがあります。

無調整はなかなか飲みにくいという場合には、調整豆乳でももちろんOK。

最近では、紅茶味やココア味など、いろいろな豆乳が出ているので、自分に合った味のものを探し、長く続けて飲めるタイプを選びましょう。

【豆乳を1年間飲み続けたら髪の毛がフサフサになった!?】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うい より:

    豆乳はいろんな料理に使ってますよ。
    最初はクセがあってストレートに飲むのは難しかったですが、鍋や煮物に使うとおいしいし健康的。
    体調も良くなります。