目に良いだけじゃない!花粉症、便秘、生活習慣病予防にブルーベリー!

スポンサーリンク

ブルーベリーというと、『目に良い食材』のイメージですね。

でも実は、目に良いだけでなく、他にもうれしい効果・効能がたくさんあるのです!

『目の疲れ・眼病予防に』と言うだけの認識で飲んでいたならもったいない、ブルーベリーの美容・健康効果についてまとめました。

ブルーベリーとアントシアニンの美容・健康効果

ブルーベリーにはアントシアニンという成分が豊富に含まれていて、視力回復や目の疲れに高い効果を発揮することでよく知られています。

ですが、優良な抗酸化物質であるアントシアニンの健康効果は、『目に良い』だけでは終わりません。

スポンサーリンク

生活習慣病予防

アントシアニンには、内臓脂肪を減らす働きがあります。

『アントシアニンをとり続けることで、内臓や血中の脂肪分を低減し、血糖値の上昇を抑える効果がある』という研究結果が発表されており、生活習慣病の予防・改善効果が期待されています。

老化予防・美肌効果

アントシアニンは強い抗酸化作用があります。

抗酸化物質を毎日とり続けることで、肌のハリ・ツヤがアップし、身体全体の老化を防ぐ効果につながります。

ks0047

花粉症予防効果

アントシアニンには、花粉症の症状を緩和する効果もあることがわかっています。

花粉症による目や鼻のかゆみ、鼻水、くしゃみなどの諸症状は、異物である花粉を排除しようと、ヒスタミンが過剰反応して引き起こすもの。

アントシアニンには、ヒスタミンを減らす働きがあるのです。

マウスによる実験では、アントシアニンを摂取させたマウスはそうでないマウスと比べ、ヒスタミン量が60%も減少していた、と報告されています。


毎年花粉症でつらい思いをしている人は、花粉症の季節を迎える1か月くらい前から、ブルーベリーやアントシアニンのサプリメントを摂ると良いでしょう。

豊富な食物繊維で便秘改善効果

ブルーベリーには、食物繊維が豊富に含まれています。

ブルーベリーに含まれる食物繊維の量は、バナナの約2.5倍

しかも、便秘症状が重傷な人にとっては大切な、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く含まれているので、便秘改善に高い効果が期待できるのです。



このように、ブルーベリーは嬉しい健康効果が数多くある健康食材ですので、朝のヨーグルトにトッピングするなどして、積極的に摂るよう心がけてみてください。

ジャムなどにもブルーベリーと同様の効果が期待できます。

ただし、ジャムには糖分も多く含まれているので、食べすぎには注意が必要です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする