妊娠中のうつ伏せ寝は大丈夫?横向き寝・あおむけ寝、楽な寝方は?

スポンサーリンク

妊娠してお腹が大きくなってくると、どのような体制で寝ていてもお腹の重さが気になり、寝苦しくなってきますね。

もともとうつぶせ寝が好きなママは、そのままうつ伏せで寝ても大丈夫なのでしょうか。

横向き寝やあおむけで寝るのは、どうなのでしょうか。

ks0038

妊婦さんは、どんな寝方なら楽なの?

ママが寝る時の体制と赤ちゃんへの影響

うつぶせ寝をはじめとする、寝る時の体制に関しては、寝方によって赤ちゃんやママに悪い影響があるということはありません。

もともとうつ伏せ寝が好きなら、そのまま続けても大丈夫。


でも、おなかが大きくなってくるにつれて、うつ伏せで寝るのはだんだん苦しくなっていってしまいますね。

スポンサーリンク

あおむけ寝も重くて苦しい…横向きは?

かといって、あおむけで寝るのも、おなかが重くて圧迫感があり、苦しいもの…。

お腹が大きくなるにつれて、横向きで寝るのが楽になってくるようです。


お腹だけでなく足腰も重くなるので、抱き枕などを使って体重の負荷をうまく分散させて寝ると少し楽に眠ることができます。

抱き枕にも、授乳サポートクッションにもなり、赤ちゃんのお座りサポートにも使える便利なクッションなどもありますので、上手に利用していきましょう。


横向き寝でも、寝返りをうつときにはまたお腹が重く、出産前のママは本当に大変ですが、あと数か月の辛抱ですので、産まれてくる赤ちゃんを楽しみに頑張りましょう。


妊婦さんの腰痛・お腹の張りを楽にする寝方(シムスの体位)とは?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする