妊娠に気づかず初期に毎日カフェイン飲料を…赤ちゃんに副作用は?

妊娠中にカフェインを摂るのは良くない、と言われています。

特に妊娠初期に一定量以上のカフェインを摂ると、赤ちゃんにとても悪い影響が出る可能性もあります。

カフェインが赤ちゃんに及ぼす副作用には、どのようなものがあるのでしょうか。

1日に飲んで良いカフェインの量は…?

スポンサーリンク

妊娠中にカフェインが赤ちゃんに及ぼす影響

カフェインには、大人にとっても興奮作用がある事で知られています。

疲れた体を元気にする栄養ドリンクやエナジードリンクにも、カフェインが配合されているものがほとんどです。

ks0031

アメリカでは、未成年の子供がエナジードリンクを飲んだ副作用による死亡例なども報告されています。


普段私たちが口にするコーヒーやお茶のカフェインには、命に関わるような強い副作用はないものの、神経を興奮させ、不眠になったり、落ち着きがなくなったりする作用があることに変わりはありません。

ママの飲み物などから体内に入ったカフェインは、胎盤を通して赤ちゃんの身体にも届いてしまいます。


大人であれば、ある程度の時間をかけて消化・吸収していくことができますが、未熟な赤ちゃんには、まだカフェインを分解する能力が備わっていません。

そのため、赤ちゃんは長時間カフェインの作用にさらされることになってしまうのです。

スポンサーリンク

妊娠初期はさらに危険なことも!?

妊娠初期に、ママが大量にカフェインを飲んだ場合、妊娠そのものに重大な悪影響を及ぼす危険性があります。

つまり、流産のリスクを高めてしまう可能性があるということ。


妊娠したと気づいたら、少なくとも赤ちゃんの体の器官が作られる初期のうち(9週くらいまで)は、カフェイン飲料はできるだけ控えるようにし、それ以外の期間も、コーヒーやお茶なら1日1~2杯程度にとどめ、カフェインの大量摂取は控えるようにしましょう。

妊娠に気づかず毎日コーヒーを飲んでしまったら?

『妊娠初期はカフェインを控えめに』と言っても、妊娠に気づいていなくて、コーヒーなどを飲んでしまっていた…ということもあるでしょう。

妊婦さんでも、コーヒーで1日1~3杯分程度のカフェインなら問題ないと言われています。


ですから、ほとんどの妊婦さんは、コーヒーや紅茶が好きで毎日飲んでいても、水がわりにがぶがぶ飲んでいる、というほどでない限り心配する必要はないでしょう。

大量のカフェインを飲んでいた場合や、量は多くなくても気になる場合は、妊娠が判明したらすぐ担当医にその旨を相談しておきましょう。

コーヒー大好きでもやめられる!?コーヒーのかわりになる飲み物

カフェインレスドリンクを選ぶ

コーヒー好きだけどカフェインを断ち切る必要がある時は、カフェインレスコーヒーを選びましょう。

カフェインレスコーヒーは、通常のコーヒーからカフェインを90%以上カットしたもので、味の違いもそれほど大きくなく、カフェインは苦手だけどコーヒーは好き、と言う方に愛飲されています。

今ではスーパーやカフェなどでも販売されているので、少量パックを買って試し飲みしてみるのもおすすめです。

たんぽぽ茶・タンポポコーヒー

たんぽぽの根を焙煎して作られるたんぽぽ茶は、味わいと香ばしい香りがコーヒーのそれとよく似ていることから、たんぽぽコーヒーとも呼ばれています。

コーヒー好きの妊婦さん、母乳育児のママに人気のハーブティーです。

ks0032

味はコーヒーより少しマイルドで、ほのかな自然の甘みが感じられます。

たんぽぽ茶の栄養・健康効果

たんぽぽ茶はコーヒーのかわりになるだけではありません。

たんぽぽは中国で漢方薬として使われているほど健康効果が高く、以下のような健康効果があると言われています。


・赤ちゃんが生まれた後の母乳の出を良くしたり、母乳の質を良くする効果があります。

・利尿作用があるので、むくみが出やすい妊娠中のママをサポートします。

・胃の機能を助け、食欲不振や消化不良を改善します。

・血行を促進し、冷え性を改善します。

・たんぽぽの根に含まれる成分『ホコウエイ根エキス』による発毛効果と、たんぽぽ茶の血行促進効果は、薄毛予防・増毛効果につながり、産後抜け毛が多くなりがちなママのヘアケアをサポートします。



ハーブティーのAMOMAでは、コーヒー好き・紅茶好きママでも、ハーブティーやたんぽぽ茶など、コーヒー・紅茶のかわりになる飲料がたくさん選べます。

妊娠中・育児中でも楽しめる栄養豊富なハーブティーを、賢く利用しましょう。

ママと赤ちゃんにやさしいノンカフェインたんぽぽコーヒー


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする