妊娠中に夫がタバコをやめてくれない…。赤ちゃんに副流煙の影響は?

妊娠中にタバコを吸うと、赤ちゃんに良くないと言われています。

それどころか、ママが吸わなくても、身近な人が毎日のようにタバコを吸っていると、それだけで悪い影響があるのです。

妊娠中の喫煙は、何がどのように赤ちゃんに影響するのでしょうか?

パパや家族など、まわりの人がずっと喫煙を続けていたら、どうなるのでしょうか…?

ks0030

タバコの煙が赤ちゃんに及ぼす影響は、どんなものがある?

栄養が行き届かなくなる

タバコを吸った時に出るニコチンには、血管を収縮させる作用があります。

血管が収縮してしまうと体全体の血流の量が減り、栄養が体のすみずみまで運ばれなくなります。


赤ちゃんは胎盤を通してママから栄養をもらい、成長していきます。

ママの血流がとどこおった状態が続くようであれば、当然赤ちゃんにも良くない影響が出てきます。

低酸素状態になる

タバコの煙には、一酸化炭素が含まれています。

この一酸化炭素は、血中のヘモグロビンと結びつきやすい性質があります。


本来ヘモグロビンは、酸素と結びついて体中を巡り、酸素を細胞に届けるものなのです。

酸素のかわりに一酸化炭素が運ばれてくるわけですから、体中が酸素不足の低酸素状態におちいってしまう危険性があります。


このような状態が日常的に続けば、赤ちゃんの成長にも悪い影響が出てきてしまいます。

スポンサーリンク

タバコを吸って吐いた煙より、煙から出る副流煙の方が有害!

タバコの煙による『副流煙』の被害が社会的にも問題になっており、喫煙できるスペースが限定されるようになってきています。

副流煙とは、燃えているタバコから直接出る煙のこと。

喫煙者が吸う煙は、フィルターで有害物質がある程度除去されていますが、タバコの先端から出る煙はフィルタリングされていません。


この、先端から出る煙による副流煙の方が、一度吸って吐き出された主流煙より、有害物質の含有量がはるかに多いのです。


ですから、ママが喫煙していないからといって安心はできません。

家族、特にママといつも近くにいるパパが吸うタバコの煙も、ママと赤ちゃんにとっては有害物質のカタマリなのです。


しかも、タバコから出るニコチンやタールなどの有害物質は、タバコの煙がなくなれば消える、と言うものではありません。

洋服や部屋の壁、カーテンに付着し、付着した場所からまた有害物質を放出するというやっかいなもの。

『臭いが残っている』ということは、誰もタバコを吸っていなくても、有害物質を再吸引しているのと同じことなのです。

スポンサーリンク

妊娠を機に家族みんなで禁煙を!

最近では禁煙外来も充実してきており、受診料など、禁煙にかかる経費は、タバコ代よりずっと安くなっています。

タバコは、パパにとっても家族にとっても、良いことは何もありませんから、ママの妊娠を機に、家族みんなで禁煙をしてしまいましょう。


ガムをかんだり、散歩に出たり、新しい趣味を始めるなどするのも良いですが、禁煙には強い意志や周囲の人の協力が不可欠です。

産まれてくる赤ちゃんのためだけでなく、喫煙者本人のためにもなるので、禁煙外来を受診し、家族みんなで協力して禁煙されることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする