【育児ストレス】赤ちゃんが夜泣きする原因と対処方法

日中、仕事や家事・育児で頑張って疲れはて、せめて夜くらいはグッスリ眠りたいのに、小さな赤ちゃんは、そんなママの都合などお構いなし。

2~3時間おきに夜泣きをしてしまう子もいます。

赤ちゃんはどうして夜泣きをするのでしょうか。

夜泣きする赤ちゃんに、ママはどう対応すればよいのでしょうか。

スポンサーリンク

夜泣きには赤ちゃんなりの原因と理由がある

当然、赤ちゃんはむやみに泣いているわけではありません。

何か不快なことがあるなど、ママに伝えたいことがあって泣いているのです。

まだ月齢の小さい赤ちゃんなら、お腹がすいた、オムツが汚れたなどでミルクや母乳をあげたりオムツ替えをして抱っこしていると、多くの場合はすぐに泣き止んですやすやと眠ってくれます。


だけど、お腹もすいていないはず、オムツもきれい…、なのになんで泣きやまないの?という時もありますね。

今日も疲れていて、明日も朝早く起きないといけないのに…、ゆっくり眠りたいママのストレスは頂点に…!

なぜ夜泣きする?赤ちゃんが夜中に突然泣き出す理由

大人でもある程度はそうなのですが、赤ちゃんは昼の間にいろんな刺激を受け、脳に色々な情報をため込んでいます。

ks0025

情報を詰め込み過ぎた脳は、夜寝ている間にそれを整理整頓するために働き、夢を見たりします。

その刺激が強すぎたり、昼の興奮状態が続いてしまい、眠りが浅くなったりすることで夜泣きが起きると言われています。

スポンサーリンク

母乳育児の赤ちゃんなら、おっぱいで落ち着く?

母乳育児でおっぱい大好きな赤ちゃんなら、お腹が空いていなくても乳首をくわえているだけで安心して寝てくれます。

ベビーベッドで一人で寝かすより、ママのとなりに寝かせて添い乳するのが楽です。

多くの赤ちゃんは、落ち着いて眠ってくれるでしょう。


しかしそのおっぱいまで拒否されたらもうどうしようもありませんね。

ks0024

泣き止むまで抱っこ…?なんてことも、連日連夜になると、ママも泣きたくなってしまいます。

朝日をあびて、昼はしっかり遊ばせる

まだ昼と夜の区別がつかない0歳児ですから、一日のメリハリをつけるために、朝は決まった時間にカーテンを開けて『朝だよ、おはよう』と起こし、昼間は外で楽しく遊ばせてあげましょう。

専業主婦ママや、まだお仕事に復帰していないママなら、『お昼寝はママと一緒に1時から3時くらいまで』などと決めて、できるだけ毎日その時間にあわせて生活するようにします。

夜は、8時から9時までには寝かしつけられるようにするのが理想的。


朝起きる時間、お昼寝の時間、夜眠りにつく時間を決めて、生活リズムを整えると、精神的にも落ち着いてくる赤ちゃんが多いですよ。

ママが精神的に安定すれば、赤ちゃんも落ち着く!?

赤ちゃんは、想像以上にママの精神状態を敏感に感じ取っていることがあります。

ママがピリピリしていると、赤ちゃんも落ち着かず、泣いてしまうことがあるのです。

「ママが育児に慣れてくる第二子・第三子の方が、夜泣きが少ない」と言われるのは、このためではないかとも考えられています。

あまり神経質になりすぎず、「ほっといても子供は育つ」くらいの楽な気持ちで赤ちゃんと向き合うのが一番良いのかもしれませんね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする