育児ストレス:あやしても赤ちゃんが泣き止まない…どうすればいい?

スポンサーリンク

子供はとってもかわいいけれど、自分の思うようには全然いかない…!

それが子育てです。

まだお話ができず、コミュニケーションが取れない赤ちゃんだと、泣くことでしか自分の気持ちを表せません。

そのため、赤ちゃんも気持ちを伝えたくてギャン泣き。

ks0023

ずーっと一緒にいるママは、やまない泣き声に、余計にイライラしてしまいますね。

よく寝てくれたり、寝ぐずりの少ない子ならまだママの負担は少ないのですが、なかなか寝ない、抱っこでしか寝ない赤ちゃんだと、日常の家事をするのも一苦労です。

料理も洗濯も掃除も何もできず、一日中抱っこしていた…なんて日もあるのでは?


仕方なく家事の間だけ、バウンサーなどを使ってママのすぐそばに置いていても、ギャン泣きが全然止まらない!…という赤ちゃんも…。


赤ちゃんが泣くと、ママは焦ってしまったり、イライラしてしまったり、出先だと周りを気にしてなんとかなだめようと頑張ります。

赤ちゃんの泣き声を聞くとママは、「欲求を満たさなければ」「泣きやめさせなくては」と考えてしまい、それだけでストレスになってしまうこともあります。

スポンサーリンク

もっと楽しく育児がしたいのに、なんで私の子だけこんなに泣くの?

いつになったら育児を楽しめるの?

…と、悩むお母さんは多いです。


今は核家族化も進み、実家にも夫の両親にもなかなかお願いすることができず、一人で頑張る女性が増えています。

ですが頑張り過ぎは心にも体にも赤ちゃんにもよくありません。


赤ちゃんが寝たら一緒に寝てしまいましょう!

赤ちゃんが寝たらあれしよう、これしよう…と、やりたいことがたくさんあるかもしれません。

でも、赤ちゃんがまだ小さくて手がかかり、ママの疲れがなかなか取れない時は、赤ちゃんと一緒にお昼ねしてしまう、というのもおすすめです。


ママが一緒に寝ていると、赤ちゃんも安心するのか、グッスリ寝る子は意外と多いです。

寝るとママも少しスッキリしますから、起きた時に横ですやすや眠る子供の寝顔を見ると、改めて自分の子供のかわいさに気が付き、また頑張ろう!という気持ちもわいてきます。

家事も育児も完璧じゃなくてOK!

赤ちゃんが小さくて忙しいうちは、お掃除も洗い物も、全部完璧にこなそうと思ったら疲れてしまいます。

ママの疲れやイライラは、赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんまでも機嫌が悪くなってしまうこともあります。

目の前にある事を全部完璧にこなそうとせず、「今日は掃除も洗濯も適当でいいや」という気持ちで、ママが余裕をもっていると、不思議と赤ちゃんも落ち着いて、ご機嫌になっているものです。


「洗濯・家事・炊事は、今日じゃなくても、今じゃなくても大丈夫!」と、余裕を持って過ごしましょう!

【育児ストレス】赤ちゃんが夜泣きする原因と対処方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする