日大アメフトコーチ陣が選手を脅して声明文内容を変えさせた?

日大アメフトの悪質タックル問題で、アメフト部の選手たちによる声明文が出されました。

事前の情報では、

「内田前監督とコーチのウソを暴く」
「全コーチ陣の一新を求める」

という強い内容の声明文が出されるともうわさされていましたが、はたして…?

スポンサーリンク

参考:2018年5月29日放送 TBS「Nスタ」

日大アメフト部選手による声明文内容


出典:https://bunshun.jp

本日発表された、日大アメフト部の選手たちによる声明文は以下の通りです。

(抜粋)

今回のことが起きてから、私たちはどうしてこのようなことになってしまったのか、皆で悩みながら何度も話し合ってきましたが、まだ明確な答えが見つけられたわけではなく、これからも話し合いは続けていきたいです。

これから捜査機関による捜査や大学が設置する第三者委員会による調査が行われるようですので、私たちも全面的に協力して、その結果を待ちたいと思います。

ただ少なくとも私たちは、私たちの大切な仲間であるチームメイト(宮川泰介さん)が、とても追い詰められた状態になっていたにもかかわらず、手助けすることができなかった私たちの責任は、とても重いものと考えています。

私たち選手一同の今の思いというのは、以上の通り、今回の件、深い反省のもと、真剣に謙虚に、一丸となってチーム改革を実行していく所存です。

そしていつか、私たち日本大学アメリカンフットボール部が、部の指導体制も含めて「生まれ変わった」と皆様に認めていただいた時には、私たちが心から愛するアメリカンフットボールを、他のチームの仲間たちとともにプレイできる機会をお許しいただければありがたいと思っています。

その時には、もし可能であれば、私たちのチームメイト(宮川泰介さん)にも再びチームに戻ってきてもらい、一緒にプレイ出来たら、と思っています。


…と、いうことでした。

うわさされていたような

「監督とコーチのウソを暴く」

「コーチ陣の一新を求める」

という強いメッセージからはかけ離れた、選手たちの今後の決意表明のような声明文となりました。

なぜ選手たちはこのように大きくトーンダウンしてしまったのでしょうか…?

スポンサーリンク

コーチ陣が選手をおどして声明文を変更させたのか

選手たちからの声明文が出るという話は、何日も前からウワサされてきましたが、本日実際に声明文が出されるまでの間に、一部のコーチから「発表の取りやめを求める動き」があったのだと言います。

選手たちは、コーチから

声明文を出すと、自分たちの首を絞めることになるぞ


と、「おどし」とも取れるような圧力をかけられたと言います。

「自分たちの首を絞める」とは、いったいどういうことなのでしょう。

将来的に、アメフト界での活躍を阻止されたり、就職活動などに影響を及ぼす、とかそういうこと…?


コーチ陣の方も、突然コーチ職をクビになったりすることのないよう、弁護士を立てているという話もあります。


しかし「おどし」の話が本当なら、日大アメフト部の闇は本当に深い、と言わざるを得ません。


実際には、コーチからの圧力だけでなく、捜査機関による捜査が始まったことにより、選手たちも外部に対して自由に発言するのは控えているという面もあると思いますが、「声明文が出ることによって局面が大きく変わるのでは」と期待していただけに、なんだか肩すかしを食らったような気分でもあります。

選手たちが本当のことを話せるようになる日は来るのでしょうか。

真相が究明される時は、来るのでしょうか…?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする