貴乃花親方理事選・錣山副理事選挙落選!貴乃花一門から造反者?

かねてより話題になっていた、相撲協会理事選・副理事選の選挙結果が出ました。

理事に立候補していた貴乃花親方は落選、副理事に立候補していた錣山(しころやま)親方も、落選でした。

スポンサーリンク

自分は1票でいい…結果は2票

表向き、一門の票が11票ある中、ひとりだけの立候補であれば当選確実だったはずの貴乃花一門から、阿武松(おうのまつ)親方と貴乃花親方の2名が立候補。


「自分は1票でいい。あとは阿武松親方に投票してほしい」


と言っていた貴乃花親方は、理事に立候補して落選することよりも、無投票で理事を決めてしまうことの方を危惧し、「理事選挙をすること自体に意味がある」としていました。


報道では、「隠れ貴乃花シンパは少なからずいる」
などと言われ、「貴乃花・阿武松2親方の当選もあり得る」とも言われてきましたが、造反票は予想されていたようには集まらず、落選。

貴乃花親方の得票は、自身の票を合わせても2票で終わりました。

八角  11票
尾車  10票
芝田山 10票
春日野 9票
出羽海 9票
境川  11票
山響  8票
高島  12票
鏡山  11票
阿武松 8票
貴乃花 2票 


副理事に立候補していた錣山親方も落選。


いろいろ言われていましたが、造反すれば必ずバレるともいわれている理事選

しかも、いったんは無記名となっていたものが、今回は記名式となる後退ぶり


記名式じゃ、そりゃ自由な投票なんか無理ですわ~。


各一門の締め付けが厳しくなっているといわれる中、貴乃花シンパと言われる親方衆も、さすがにご自分の身を守らざるを得なかったのでしょうか。

それとも、貴乃花親方は今回の選挙で裏工作を全くしなかったということなのでしょうか。


気になるのは、貴乃花一門には、一門の8票+時津風離脱組3票の11票があると言われてきたのに、フタを開けてみれば、得票数は阿武松8票・貴乃花2票の合計10票

貴乃花一門からは、少なくとも1名の造反者が出たことになります…。

貴乃花親方に入った1票は、一門外の親方からの票(親戚関係にある陣幕親方)ではないかとも言われていて、それが本当なら2名の造反者が出たことになってしまうのですが…。


一枚岩でなかったのは、貴乃花一門だったということなのでしょうか。

貴乃花一門の票が11票に満たなかったことについて、東京相撲記者クラブ会友大隅潔氏は、以下のように分析しています。

出羽海一門の山響親方は、貴乃花親方と非常に親しい人物。

前回の理事長戦でも、山響は貴乃花に一票入れている。

今回、出羽系4人の中で一番票が少ない予想だったので、阿武松親方の票を少し山響親方に譲ったのではないかとみています。


大隅潔氏の読みが本当なら、「選挙のための出馬」であって、最初から当選は捨てていたと言うことになります。

もしくは、過去の理事選でも助けてくれた「貴乃花シンパ」の親方衆からの票を見込んでいたのが、大ハズレに終わったのか。


選挙前、東京相撲記者クラブ会友・大見信昭氏は、貴乃花親方が落選した場合のことを、以下のように語っていました。

理事選惨敗の内容によっては、もしかすると(貴乃花親方は)もう二度と理事選に立たないという決断をされるかもしれない。

(選挙結果は)一門の存続にかかわる問題です。


選挙結果を受け、理事に当選した阿武松親方は以下のようにコメント。

ファンの皆様に愛されるような相撲協会、活力ある組織に、全力を尽くしたい。

(貴乃花親方は)大事な仲間であり、友人でありますので。

一生懸命仕事をさせていただきたいと思います。

理事の最終決定権は、3月場所終了後に行われる評議員会にあります。

次回の理事選は2年後です。

以上、選挙速報でした。



個人的には、過去の暴力事件が発覚しながら、何食わぬ顔で理事選に出馬した春日野親方を、そのまま理事として通していいのか?という疑問が残っているのですが…。

良識を持つ評議員ならば、評議員会において「春日野親方は理事に不適任」とし、結果として貴乃花親方が繰り上げ当選となるのが筋だと思うのですが、春日野親方については何も協議されている様子がないため、このまま通ってしまいそうです。

春日野部屋の暴力事件。

なぜかマスコミもあまり後追いせず。


私は、春日野親方がまだとってない責任問題、ずっと気になっています…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする