スノーボード今井胡桃オリンピック代表内定!父親・兄・メロとの関係

「ミライ・モンスター」などでも注目されている女子スノーボード・ハーフパイプの注目選手で高校3年生の今井胡桃さんが、平昌オリンピックの代表に内定しました。

注目のスノボ選手・今井胡桃さんに注目してみました!

スポンサーリンク

今井胡桃のプロフィール


出典:https://fineplay.me/

今井胡桃(いまいくるみ)

生年月日 1999年9月24日
出身地 長野県上田市

身長 148cm
血液型  A型

あだ名 くっちゃん


写真を見てもわかる通り、とてもかわいいので、美女アスリートとしても人気です。


身長148センチ。

とても小柄です。

スノーボード選手は、競技の性質上どうしても、小柄だったり細身の人が多いようですね。

【今井胡桃選手のスノーボード略歴】

5歳でスノーボードを始める。
11歳でプロへ(最年少記録)。
小学校5年でアマチュア7大会 完全制覇。
中学生で全日本選手権 史上最年少優勝。

2014年全日本選手権 優勝。
2016年全日本選手権 優勝。

2017年ワールドカップ平昌大会5位入賞。
2017年2月冬季アジア札幌大会銅メダル獲得。

ここ1~2年でさらなる急成長を遂げ、世界ランキングも7位にまで上げてきています。

これらの活躍ぶりが評価されてのオリンピック代表内定となりました。


最近のオリンピックや国際大会では、平野歩夢選手・平岡卓選手などのような日本人男子選手の活躍が見られるようになったものの、女子のスノーボード競技では、まだオリンピックでのメダルはありません。

そんな中現れた今井胡桃選手は、スノボ界の期待の星なのです。


今井胡桃選手の持ちワザは、「フロントサイド900」。

フロントサイド900は難易度が非常に高く、国内でもわずか5人しかできる人がいない最高難度のキメ技です。



ミスの少ない正確な滑りができるのも、今井胡桃選手の強力な武器のひとつ。

圧倒的に安定した滑りができるのは、自宅の庭に設置された特設自家用トランポリンのおかげなのだそうです。

今井胡桃選手は幼い頃からこのトランポリンでジャンプの練習を繰り返し、感覚をつかむ訓練を重ねてきていたのです。

スポンサーリンク

今井胡桃のケガとの闘い

正確な滑りが持ち味の今井胡桃選手ですが、過去にはケガに泣かされたことも…。

強風の中開催された2016年3月のGUJYO OPENで落下し、選手生命を脅かされる大けがを負ってしまいます。

落下の衝撃で受けた傷は、右目の眼下てい骨折でした。

運ばれた病院で即手術室に入り、緊急手術を受け、失明は免れることができましたが、今でも下の方を見る時は、視界が安定しないままなのだとか…。


事故の時、現場にいてその瞬間を直接見ていた父親の今井義幸さんは、当時の心境を以下のように語っています。

【今井胡桃の父・今井義幸さんのコメント】

顔が血だらけで、女の子が顔面を骨折したっていうのがすごくショックで。

「(スノボを)やらせなきゃよかったな」と思いました。


でも、怪我が治って「また早く滑りたい」と言っていて。

オリンピックのメダル獲得を目標にしているので、本人がそう思っているのならいいのかな、と。

 


空中で宙返りして、氷のように固まった雪の上に着地する競技ですから、思わぬ事故やケガと隣り合わせなのですね…。

スポンサーリンク

今井胡桃は父も兄もスノーボーダー

今井胡桃選手は、5人兄弟の末っ子。

兄弟たちもスノボをやっていて、今井胡桃さんがスノボを始めたのもその影響です。

兄弟の中には、プロスノーボーダーの今井郁海選手もいます。


今井胡桃さんの兄・今井郁海さん。
お父さんにそっくりですね。
出典:https://www.salomon.co.jp

 
今井兄弟のお父さん義幸さんも、プロではないもののスノーボーダーだったそうですよ。

今井胡桃と今井メロの関係は?

過去の女子スノーボーダーと言えば、2006年のトリノオリンピック日本代表・今井メロさんが有名です。


今井メロさん(選手時代は成田夢露さん)
出典:https://ameblo.jp

今井胡桃さんと今井メロさんは、同じ今井姓同士のオリンピック級スノーボーダーということで、「何か関係があるのでは?」と思う人も多いようです。


私も最初は今井メロさんの親戚かな?と思いました。

まず、今井メロさんは2017年現在で30歳なので、18歳の今井胡桃さんの母親ということはありえません。

そして、今井メロさんはもともと「成田夢露(メロ)さん」であり、トリノオリンピックでも兄の成田童夢さんと並んで、成田夢露さんとして出場していました。

今井メロさんの「今井」は、母方の旧姓なのだそうです。


ですので、母方つながりの姻戚関係については可能性ゼロではありませんが、特にそのような報道も一切見られないので、偶然の一致だったようです。

今井胡桃は誰よりも負けず嫌いのがんばり屋さん

今井胡桃選手は、とても負けず嫌いの頑張り屋さんです。

日本代表チームコーチの治部忠重さんは、今井さんについて以下のように語っています。

すごく気持ちが強い子。

一番の負けず嫌いで、
朝も一番早く準備する。

転んでも転んでも
何度もチャレンジする
姿勢はすごい。

 


やっぱり、オリンピックの代表権を獲得するような人って、本当に皆負けず嫌いの努力家が多いですね。

今後は決して大きなケガなどせず、無事に平昌オリンピックでメダルを首にかけた姿を見せてほしいものです。

今後の今井胡桃選手に期待!

スポンサーリンク

参考:「ミライ・モンスター」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 高崎 より:

    今井胡桃ちゃん、やりましたね!
    本当にうれしいです。
    平昌オリンピック、楽しみ~~!