虫歯になりやすい体質は2歳半までに決まる!子供を虫歯から守るには?

スポンサーリンク

虫歯になりやすい人となりにくい人の違いは口の中の菌の種類

同じように毎日歯磨きしていても、ちょっと気を抜くとすぐ虫歯になってしまう人がいる一方で、一度も虫歯になったことがないという人もいます。

このような違いが出てしまうのは、腸内在住菌がひとりひとり違うのと同じで、口腔内の菌の種類が違うからなのです。


では、人の口腔内に住む菌の種類は、どのようにして決まるのでしょうか?

ks0001

離乳食が始まる1歳頃から菌が固定される2歳半までが勝負!

赤ちゃんは、お母さんのおなかの中で無菌状態で育ちます。

産まれてきた時点ではまだ、口の中に菌はいません。

1歳を過ぎる頃になると、少しずつ歯が生え始め、離乳食が始まります。

ks0002


この時期に、身近な人(お母さんやお父さん、祖父母など)と、おはしやスプーンを共有したり、回し食べをしたり、一度口の中でかんだものを赤ちゃんにあげるなどすることによって、菌がうつされていきます。


人の口腔内に住む菌の種類は、2歳半頃までに決まってしまいます。

ですから、この時期までの間に、虫歯菌を子供にうつさないように気をつけてあげられるかどうかで、その人の歯の運命が決定づけられてしまうのです。


赤ちゃんを持つお母さん、これから出産されるお母さんは、赤ちゃんの口に大人の虫歯菌がうつらないよう、少なくとも2歳半を過ぎるまでは注意を払ってあげる必要があります。

スポンサーリンク

虫歯菌を子供にうつさないために注意すべきこと

大人が噛んだものを子供に食べさせるのは絶対にダメ!

昔は、手間をかけずに離乳食を作る手段として、お母さんが口の中でかんで柔らかくした食べ物のを、口から出して子供に食べさせる「噛み与え」がごく普通に行われていました。


現代でも、おばあちゃんに子供のお世話をお願いすると、その方法で食べ物を与えてしまうことがあるようです。

昔から受け継がれてきた、一見便利な方法ではありますが、虫歯予防の観点から見ると、絶対にやってはいけません。


相手がお姑さんであったりすれば、ちょっと言いにくいかもしれませんが、子どもの歯の健康を守るために正確な情報を伝えましょう。

スプーンやおはしを共有しない

口から口に噛み与えをしなくても、スプーンやおはしを共有することによって、菌が移ってしまうこともあります。

ks0003

2歳半を過ぎるまでは、とにかく大人が使ったスプーンやおはしで子供に食べさせないことが大切。

他のお子さんとの共有も避けましょう。

同じお皿で一緒に食べるのも、2歳半を過ぎるまでは避けた方がベターです。

誰かが途中まで食べたもの・かじったものを子供に与える時は、噛んだところを切るなどして、他の人の唾液がついている部分を除去してあげてください。

薄味になれさせる・特に甘い味のものはできるだけ与えない

市販のお菓子には、子どもが喜んで食べるよう、しっかりした味付けのものが多く出ています。

子供ウケの悪いお菓子は、お母さんに買ってもらえませんからね。


ですが、甘いお菓子にたくさん使われているお砂糖は、虫歯菌を増殖させてしまいます。


甘いお菓子だけでなく、濃い味のお惣菜にも、多くの場合お砂糖がたっぷり使われています。


小さいうちは薄味になれさせるようにして、甘いお菓子はできるだけ与えないようにしましょう。

ジュース類も同様です。


甘いお菓子の中でも、口の中の滞在時間が長いアメは、虫歯予防にとって最悪のおやつです。

絶対にあげないようにしましょう。

まわりの大人の口腔環境も整えておく

3歳くらいまでの育児では、お母さんと子どもの距離はとても密接です。

噛み与えやスプーンの共有を控えていても、感染が防ぎきれないシーンも出てくるでしょう。

そんな時のためにも、お母さんをはじめ、まわりの大人の方々は、口腔内環境を整えておきましょう。


4カ月に一度(もっと頻繁でも良いです)、歯科医の定期検診を受け、虫歯があれば治療してもらい、歯の汚れをきれいに落としてもらいましょう。


虫歯のリスクをゼロにすることはできませんが、2歳半までの定住菌種が決まってしまうまでにできることをしておくだけで、虫歯に関する人生が違ってきます。

万が一虫歯菌を防ぎきることができず、虫歯になりやすい体質になってしまった場合でも、毎日の歯磨きをしっかりすることで、虫歯は予防できます。

大人になっても、間違った歯磨きのしかたをしてしまっていたり、磨く場所によってクセが出たりすることは誰にでもありますので、親子で歯磨き指導をしっかり受け、「定期検診は受け続けるもの」と考えて、口腔ケアをしっかり続けていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする