松居一代・船越英一郎離婚で「結局財産?演技してないのはお母さんだけ」

松居一代さんと俳優の船越英一郎さんとの間に離婚が成立しました。

松居さんは離婚成立の2日後(12月15日)に記者会見を行っていますが、その記者会見の時の松居一代さんが「演技のようだった」と話題になっています。

そんな中、キャスターの木村太郎氏、三田友梨佳アナウンサー(ミタパン)、弁護士、新聞記者の見解は…。

スポンサーリンク

松居一代は一体何を「勝ち取った」のか

35分程度の会見中、松居一代さんは終始舞台女優のような話し方で、

「一体これは何のお芝居?」
と言いたくなるような口調と身振り手振りでした。


12月13日、離婚調停に向かう松居一代さん。
「戦いの赤」を選んだそうです。


松居さんは会見で、
「見事に勝ち取りました、やりました」
と言っていたけれど、

かなり違和感ですよね。


まず、離婚は元夫の船越英一郎さん側から
申し立てられたものだったはず。

松居一代さんが「勝ち取った」
と言っているものが一体何なのか、
すごく違和感があります。


「一番守るべきは財産で、
それを守ることができた、
だから夢がかなった」
と、松居さんは説明していますが、

船越英一郎さん側は、
名誉棄損の損害賠償金として、
破格の安値ともいえる300万円を請求した以外は、
財産分与の権利は放棄する姿勢でした。

船越英一郎の事務所松居一代を提訴!驚愕の損害賠償請求額


そのため、松居さんが一体何を
「勝ち取った」と騒いでるのか、
わかりずらい記者会見でした。


だから橋本マナミさんが言うように、
「私は大丈夫!」
ってめいっぱい虚勢を張っているのかな、
と思ってしまうわけです。

船越英一郎・松居一代離婚に橋本マナミ「本当に好きだった、プライド高い」


「勝ち取った」のは、
晴れて自由の身になった
船越英一郎さんの方では…?

スポンサーリンク

松居一代、離婚報告会見中に母親に電話で報告

そんな中、
フジテレビの情報番組「グッディ」が、
事前に松居一代さんの母親の自宅で待機していたところ、

松居一代さんが突然母親に電話をかけ、
報道記者たちが見守る中、
遠く滋賀県に住むお母さんに離婚報告をします。

松居一代さん まだうちの両親にも電話してないんです。
だからうちの両親に電話したいと思うんですけどいいですか?

-母親に電話をかける-

母・政枝さん もしもし、見てるよ

松居一代さん おかあちゃん、おかあちゃん

 良かったね

松居一代さん おかあちゃん 良かった 
 おかあちゃん 離婚できたから 良かった 本当に良かった

 長い間辛抱したからね

松居一代さん うん、でも本当に神様に感謝している

 わかるよ

松居一代さん うん ありがとう
 今、初めて言えたから

 はい、またね 
 ありがとう気を付けてね

松居一代さん ありがとうありがとう


電話を切った後、
母の政枝さんはフジテレビのカメラに向かって
「ありがとうございました」と手を合わせました。

木村太郎「自然なのはお母さんだけ、あとは全部芝居」

この会見を見たフジテレビのアナウンサー、
ミタパンこと三田友梨佳さんは…

【三田友梨佳さん】

芸能人同士の離婚なので
今後の芸能活動のためには
イメージとかも必要ですし

「どっちが悪い」
というのを白黒はっきりさせたかったのかと
思いきや、結局財産だったんですね…

【「スポニチ文化社会部 鈴木美香デスク】

YouTubeの動画の後に、
松居さん節が潜めていたので、
彼女のプロデュースが
また始まったのかな、と。

(財産については)
ご自身が自分の才能で培ったものですから、
それを分与するというのは(嫌でしょうね)、
その辺はわからなくもないかな、と。

【田村勇人弁護士】

船越英一郎さんを許せないという
気持ちは、手段であって、
結局財産を守るというのが
目的だったんだな、というのが
この会見で明らかになったと思います。

(※田村弁護士は、離婚成立を聞いた翌日の時点で
「財産がキーポイントである」
と指摘していました)



もし、YouTube動画の時から全部含めて、
船越さん側から
「もう何もいらないから早く離婚してくれ」
と言い出すよう仕向けていたのだとしたら
相当な戦術家だと思いますね。

その戦術によって、
何十億の資産を守ったのだとしたらすごい。

財産を守るための戦略でYouTube動画を
UPしたかもしれないという推測は、

今回の記者会見によって成り立たなくなったと言えるでしょう。

YouTube動画からの茶番劇が、
本当に財産を守るための戦略であったならば、
こんな記者会見をする必要は一切なかったはず…。

財産を必死で守ろうとする理由については、
私は「かわいさ余って憎さ百倍」
の心理かな、と思いました。

お金が惜しいとか
もったいないとか、
そういうことではなく、

私を捨てた男に、一円でも財産を分けてなどやるものか

という意地ではないかと。

捨てられた上にお金も持って行かれるなんて、
悔しいですからね。


まあ、船越さんもお金に困っているわけでは全然ないので、
お金面で争わないで済んだから、
わずか2回の裁判で結審した、
ということなのでしょう。

【木村太郎さん】

(やっぱり財産だったんですね、の質問に)

そりゃそうでしょ!
離婚って言うのは、
嫌になったから分かれるので

残っている問題は財産分与と親権でしょう

この夫婦は財産分与しか問題ないですからね

どの離婚もそうじゃないですか、基本的に



今日の流れの中で一番自然だったのは
お母さん。

後は全部芝居だったと僕は思うね。


やっぱり芝居がかってましたよね、

全体的に。

そう思ったのは、私だけではなかったようです。


そして、本当にガッツポーズしたいほど
喜んでいるのは、

松居一代さんではなく
船越英一郎さんの方なんだろうな、と。

思っているのは私だけではないんじゃないでしょうか…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする