マーレン・ルンビがかわいい・美人と評判!ジャンプ金メダル候補か

ノルウェーの女子ノルディックスキージャンプ選手、マーレン・ルンビ選手が注目を浴びています。

美人でかわいいと話題のルンビ選手の強さの秘密についてまとめました。

スポンサーリンク

マーレン・ルンビ選手のプロフィール


出典:www.sankei.com

マーレン・オルスタッド・ルンビ
(Maren Olstad Lundby)

生年月日:1994年9月7日
身長:171cm
趣味:サッカー

2007年8月 国際大会デビュー 56位
2008年 ジュニア世界選手権大会 30位
2009年 ジュニア世界選手権大会 34位
   コンチネンタルカップ 20位
2009年 ノルディックスキー世界選手権 22位
2011年 ノルディックスキー世界選手権 11位
2011/12 ワールドカップ 17位
2012/13 ワールドカップ混合団体 優勝
2015年 ノルディックスキー世界選手権 銀メダル
2015/16 ワールドカップ2位
2016/17 ワールドカップ4勝 総合3位
2017/18 総合2位


かわいいというか、本当に美人ですね!
出典:sportsflyhigh.com



左から 伊藤有希選手 マーレン・ルンビ選手 高梨沙羅選手
出典:r.nikkei.com


顔立ちがかわいい系なので、プロフィールの「身長171センチ」にはちょっと違和感がありますが、161センチの伊藤有希選手、152センチの高梨沙羅選手と並ぶと、ルンビ選手がスラリとした高身長であることがわかりますね。

成績は、2015年頃から好記録をマークするようになり、2018年1月14日に札幌市宮の森ジャンプ競技場で行われたワールドカップにおいては、95.5メートルと98.5メートルの251.6点で3連勝し、今季4勝目・通算8勝目を記録。

21日の山形では、101.0メートルをマークするなど圧倒的な強さを示し、平昌オリンピック・メダル圏内の高梨沙羅選手・伊藤有希選手 にとっても、驚異的な存在となっています。

スポンサーリンク

マーレン・ルンビ選手の強さの秘密

今のルンビ選手は、助走のスピード、姿勢、離陸のタイミングや飛行姿勢など、あらゆる点において状態が良く、記録も飛びぬけて良くなってきています。

ルンビ選手は、高梨沙羅選手のジャンプをYouTubeで繰り返し何度も見て、高梨選手が何をやっているのか研究したのだとか。

そして、肉体改造計画も遂行。

より負荷をかけてトレーニングしてきたの。何キロ持ち上げるか? 

100キロは上がるでしょう。

いや、200キロかも。

これは冗談だわ(笑い)。

今は体と技術が同じか、技術がやや上回っている。

だから体もうまく使えているの。

出典:www.tokyo-sports.co.jp


この肉体改造計画によって、踏み切りが以前よりパワフルになり、テイクオフにつながる力を感じている、というルンビ選手。


スキージャンプのレジェンドとして世界的にも知られる葛西紀明選手は、最近のルンビ選手のジャンプを見て
「男と同じジャンプをしている」
と、ルンビ選手のジャンプの品質の高さを評価しています。


もはや「向かうところ敵なし」のルンビ選手は、平昌オリンピックでの金メダル取得にも自信を見せています。



(オリンピックへの自信は)あります。

プレッシャーは大きいですが

それは私の状態が良いということ。

オリンピックを楽しもうと思っています。
出典:フジテレビ「HERO’S」


そんなルンビ選手も本業は大学生。

リレハンメルでは、大学でスポーツ科学を学んでいます。

趣味はサッカーで、ジャンプ会場では男子と交じってプレーする姿も見られます。

サッカー技術は「とんでもなくうまい!」のだそう。


「向かうところ敵なし」のルンビ選手ですが、スキージャンプ競技は当日になってみないと何が起こるかわかりません。

打倒ルンビに向けて、日本の高梨沙羅選手・伊藤有希選手も日々技に磨きをかけています。

平昌オリンピックはもうすぐそこまで来ています。


平昌オリンピックのスキージャンプは、開会式前日の2月8日から開催予定です。

今後の展開から目が離せません!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする