赤ちゃんが急な発熱を起こした時の対応は?病院には行くべき?

赤ちゃんが急に熱を出すと、びっくりしてしまいますね。

まだ小さくて弱々しい存在だけに、ちょっとでも不調の兆しがあれば、あわててしまいがち。

でも、赤ちゃんの発熱は多くの場合、急を要することはありません。

冷静に赤ちゃんの様子を観察し、取るべき対応を判断しましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんがすぐ熱を出すのはなぜ?

赤ちゃんは発熱しやすいもの。

生まれたての赤ちゃんには、お母さんからもらった免疫が体内に残っていますが、生後6か月を過ぎる頃からお母さんの免疫がなくなり、ちょっとしたことでも発熱しやすくなっています。

ヒトの体は、まだ免疫ができていないウイルスや細菌の侵入に対して、体を発熱させて対抗するようにできています。

熱を出すということは、自然の防御反応なのです。

食欲の有無や機嫌の良し悪しをみる

発熱していても、赤ちゃんの食欲がいつもと変わりなく、きげんよく過ごしていたり、スヤスヤと静かに眠っているようなら、緊急性はないと考えて大丈夫。

夜であれば、わざわざ時間外診療に連れて行く必要はありません。

心配であれば翌日病院で診てもらいましょう。

病院での受診も、インフルエンザや風邪が流行し、込み合っている時期に無理して赤ちゃんを病院に連れて行くより、自宅でゆっくりしながら様子を見た方が良い場合もあります。

必ずしも慌てて受診する必要はありませんので、まずは落ち着いて赤ちゃんの全体的な様子を見てみましょう。

スポンサーリンク

生まれたての赤ちゃんの発熱は注意が必要

3か月未満の生まれたての赤ちゃんには、お母さんからもらった免疫がたくさん残っているため、発熱をはじめとする病気はほとんどありません。

本来あまり発熱しないはずのこの時期の発熱は、肺炎などの重症な病気が隠れている可能性もあるため、なるべく早いタイミングでかかりつけの医師に相談してみましょう。

体温をチェックする

発熱があれば、まず体温を確認してみましょう。

39度や40度を超えていたりすると、びっくりしてしまいますね。

ですが、41度を超えることがなければ脳に異常をきたすことはありません。

万が一41度を超えていたり、超えそうなほど熱が上がってきている時は、迷わず救急医療機関を受診してください。

熱が出たら温める?冷やす?

発熱時の対応は、温めるのが良いのでしょうか、それとも冷やすのが良いのでしょうか。


熱があるのに手足が冷たく、ブルブル震えているような状態であれば、それは体が体温を上げようと頑張っている証拠。

こんな時は、体を温める手助けになるよう暖かい環境をつくり、暖かいお布団で寝かせてあげましょう。

発熱がピークを過ぎ、落ち着いてきたら、今度はお布団をタオルケットなどに変えるなどして、熱を冷ますサポートをしましょう。

体温が38度以上で、食欲がなく、機嫌が悪いようであれば、医師に処方された解熱剤を飲ませて様子を見ましょう。

元気なら入浴も可

「熱があったらお風呂は入らない方がいい」と言われた時代もありましたが、元気そうなら入浴しても大丈夫です。

体を温めるサポートにもなるし、サッパリするので、様子を見ながら入れてあげましょう。

ただし、入浴は体力を消耗します。

機嫌が悪く、食欲もなくてぐったりしているようであれば、お風呂は差し控えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする