白鵬証言ビール瓶は誤報で凶器は素手?日馬富士の酒グセの悪さ証言も

横綱日馬富士の貴ノ岩暴行事件で、新たな証言が出ています。

「凶器はビール瓶だけではなかった」という報道。

一方で、「ビール瓶では殴っていない」という証言も…。

現場にいた横綱・白鵬関が新たな目撃証言をしています。

その内容とは…?

スポンサーリンク

凶器はビール瓶だけではない!?アイスピックやリモコンも?

参考:2017年11月放送 フジテレビ系列「直撃LIVE グッディ!」
  TBSテレビ系列「ゴゴスマ!GOGO!Smile~」他

もともと報じられている事件の概要はこちら
横綱日馬富士暴行で貴乃花親方被害届提出、刑事事件へ!

11月16日発売のスポーツ報知の報道によると、日馬富士が貴ノ岩を殴るために使った凶器は、ビール瓶だけではありませんでした。

ビール瓶で思い切り殴り、
素手で20~30発殴った後も、
日馬富士の怒りはおさまることなく、
そばにあったアイスピックを握りしめたところで、
周りにいた同席者が慌てて止めに入った

という関係者の証言を報じています。


11月17日発売の日刊スポーツによると、

別の関係者の話では、
素手で殴った際は握りこぶしではなく
平手で10発程度殴った。

殴打の際に使用したものは、
カラオケのリモコンだった

と報道されています。

幼なじみの女性の証言

日馬富士には、アルタントーヤさんというモンゴル人女性の幼なじみがいて、今も家族ぐるみのお付き合いがあるそうです。

事件が報道された日、アルタントーヤさんが心配して、日馬富士と何度か電話で会話しているそうですが、

日馬富士は事件について、電話を通して以下のように説明しています。


以下、アルタントーヤさんの証言です。

日馬富士本人は、「心配かけてごめんなさい」と言っています。
彼はよっぽどのことがない限り人に手を出したり怒ったりしません。
礼儀正しくて、後輩を育てる力を持っているから。

私は彼を信じているし、手を挙げたかもしれないが、
それは何かの原因があったと思う。

そして、日馬富士は
「自分はビール瓶で殴っていない。
マスコミは、本当の情報、事実を流してほしい。」
と言っています。

私も、報道はおかしいと思っています。

暴力は良くないけど、
原因がわかれば手を上げざるを得ない状況にいたんだな、
と言うのがわかると思います。


アルタントーヤさんによると、スマホをいじったとか、
「あなたたちの時代は終わった」と発言したとか、

そんなレベルではない、もっとひどい言動を貴ノ岩がした

ということらしいのですが。


ん~~~?

原因によっては、暴力も致し方なしってこと?

どこまでだったら暴力で報復はダメだけど、
どこからなら暴力もOKだと思っているのでしょうか…?

コワイな~(^^;)。

さらに、日馬富士は貴ノ岩を数十発殴打したという報道そのものも間違いだと説明したと言います。

元小結・旭鷲山の証言

一方、モンゴル出身の元力士で、元小結・旭鷲山(きょくしゅうざん)さんは、当日現場にいた若手力士から、現場の様子を聞いています。

旭鷲山さんの証言によると、…。

横綱がしゃべっているのに、
貴ノ岩はフェイスブックとか見ていたから、
それで怒ってビール瓶で殴っちゃったらしい。

とのこと。

アルタントーヤさんとは、言っていることがちょっと違いますね。

スポンサーリンク

日馬富士は昔から酒グセが悪かった(飲み屋のホステスの証言)

日馬富士の酒グセの悪さは、業界の内外でも有名だったそうです。

2012年に、日馬富士とその一行が飲みに行ったことがあるというクラブの店員女性の話によると…、

日馬富士関は、弟弟子ら4人を引き連れて来店しました。
すでに泥酔していて、足元はふらついていました。

かなり酔っている感じで、少し座ってはすぐ立って、
フラフラ歩いて…。

おつきの人二人が日馬富士を気遣って、
あとの二人がまわりのひとに
「すみません」と謝っていました。


日馬富士はこの日、店員の上に座ったり(体重133キロだぜ)、
店員の足を踏んだりなど、タチの悪い泥酔状態だったそうです。

持っていた巾着を振り回してグラスを割っても、
謝罪も何もなし、という状態でした。

クラブの女性従業員たちが日馬富士の席に着くと、
大声を出したり、
ママに向かって「ババア!」と連呼し、

隣の席についた女性には

ブスだな」などと言っていたと言います…。


そういわれた女性が

「お前もな!」


…と、返したかどうかはわかりません。


さらに、他の客が日馬富士にカメラを向けて写真を撮ろうとすると、

「カメラ撮るなー!」と言いよる場面もありました。

この時はおつきの人が間に入り、事なきを得たものの…、

普通に会話ができる状態じゃなかったし、
他のお客さんにもご迷惑をかけていても、

体が大きいし、手を出されたら怖いし、
おつきの方も、誰も何も言えず。

店が壊されるかと思ったくらいでした。


かなり悪質な酒グセの悪さですね。

スポンサーリンク

貴乃花親方の謎の行動の理由

さらに、貴乃花親方の「謎の行動」が話題になっているようです。

その謎とは、

「日馬富士と貴ノ岩の本人同士が、すでに和解していたにもかかわらず、警察に被害届を出した」

ということ、そして、

「被害届提出後の事情聴取に『わからない』と答えた」

ということ。


わからないのに、相撲協会に伝えることなく被害届を出してしまったのはなぜなのか…?


っていう謎らしいのですが。


協会に相談したらもみ消されるからに決まってんじゃん。


貴乃花親方は、角界の隠ぺい体質とかが大嫌いな人。

そして、日馬富士と貴ノ岩の間にはヒエラルキーがあり、
上から「和解しよう」と言われて断れる立場ではないこと、

そもそも受けた被害が「本人同士の和解」で済ませられるような軽症ではないことからして、
謎の行動でも何でもないと思うんですけどね。

横綱 白鵬の証言

ここにきて、やっと当日現場にいた目撃者の一人、白鵬の証言が上がってきました。

白鵬関によると、…。

私はその場にいたわけですし、
世間に本当に申し訳ない
実際は手を出したって言うのは事実でありまして

しかし今報道されている「ビール瓶で殴った」
っていうこと、これは殴っておりません。

(ビール瓶を)持つには持ちましたけど
(結露で瓶が濡れていたので)
手から滑り落ちました。

そのあと私が間に入って、部屋から連れ出しました。


ということだそうです。

どうやら、手から滑って落ちたので未遂に終わったけど、ビール瓶で殴ろうとしたのは事実だったようです。

貴ノ岩の兄の証言

貴ノ岩は、両親がすでに他界していますが、モンゴルにお兄さんがいます。

貴ノ岩の兄・ルブサン・アディヤ氏によると、…。

日馬富士は、
「横綱がしゃべっているのにスマホを見て」
と言って怒り、さんざんに殴られた。

ビール瓶やその辺にあった物を
手あたりしだいにつかんで殴った

殴られ続け、
固いもので殴られたのは確かだが
何で殴られたかははっきりとわからない

最期には、顔や頬などから血が流れていた

酒やウイスキーの瓶、
ビール瓶、
飲んだもの全部の瓶で殴ったということでしょう。


貴ノ岩は殴られた後、気を失って倒れたそうです。

さらに、暴行を誰が止めたかについては…、

貴ノ岩の頭から血が出てきたので、
一緒にいた二人の社長が止めさせようとした

その場にいた白鵬は観ているだけで何もしなかった

鶴竜が「もういいでしょ、やめてください」
と、止めた


後日二人が「和解した」と報道されていることについては、

貴ノ岩は、翌日、日馬富士に謝ってもらえると思っていた。

謝ってもらえば我慢できたが、謝られなかった。

握手を求められ、

今後、同じような失礼な態度をとったらまた殴る
と言われ、悔しかったそうだ


と証言しています。

貴ノ岩の兄の証言は、貴ノ岩本人から聞いた話が元になっています。


大切な弟が些細なことで大けがをさせられたことに対する憤りを隠せない様子でした。

お兄さんは貴ノ岩のケガを、実際にテレビ電話を通して見て確認しています。

凶器を持っていたか素手だったかで量刑が変わる

ビール瓶を持っていたか持っていなかったか、その他のものを持って殴ったのか素手だったのか、かなり目撃証言が錯綜しています。

日馬富士側についているとみられる人々からは、「ビール瓶はもっていない」という証言が次々出ています。

実際、凶器を使って人を殴った場合は、より危険で悪質な行為であるとみなされ、同じケガであっても、量刑に影響が出てきます。


番町法律事務所
菊池幸夫弁護士によると…、

【素手のみの場合】
示談が成立すれば、不起訴になる可能性があります。

示談が成立していなくても、
罰金刑程度で済む可能性が高いです。

【ビール瓶などの凶器を使っていた場合】
示談成立でも、罰金刑の可能性があります。

示談不成立の場合、
懲役刑の可能性も視野に入ってきます。

とのこと。

だから日馬富士周辺の人は、必死に「ビール瓶で殴ってない」と言っているのですね。

実際はどうだったのでしょうか。




真実はひとつ。

貴ノ岩が日馬富士にボコられて病院送りにされたってこと。


これを刑事事件化しないとか、被害届を取り下げるとかは、あり得ない話だと思います。

もし今後、貴乃花親方が被害届を取り下げるようなことがあったら、よほど納得の行く説明がない限り、世間は「相撲協会の圧力に屈した」と思うでしょうね。


まだまだ今後の展開から目が離せません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする