太川陽介の嫁・藤吉久美子不倫疑惑で謝罪会見!路線バス不倫で離婚?

往年のアイドルで、今は「路線バスの旅」で人気復活中のタレント・太川陽介さんの妻、藤吉久美子さんの不倫疑惑が報道されました。

太川陽介さん・藤吉久美子さんの記者会見は、あまりにも対照的なのが印象に残っています。

スポンサーリンク

アイドル時代の太川陽介さん

太川陽介さんは、1970年代のアイドル。

ヒット曲は「Lui-Lui」です。

「ルイルイ!」とシメに明るく歌う、
ちょっと耳に残る感じの曲ですが、

「ルイルイ」の意味はよくわかりません。


もともと明るくて、
アイドルとしては気取ったところもなく、
トークも上手かった太川陽介さんは、

アイドル時代が終わっても
司会業やラジオパーソナリティー、
俳優などに活躍の場を広げています。

妻・藤吉久美子の不倫疑惑とは


藤吉久美子さん・56歳 太川陽介さん・58歳

藤吉久美子さんの不倫疑惑は、
週刊文春によって報じられました。

藤吉さんは、
大阪・ABC朝日放送の50代男性テレビプロデューサーと、
宮崎県内のホテルの同じ部屋で朝まで過ごしたり、

藤吉さんが男性の住むマンションに

合いカギを使って裏口から入っていく

姿などが写真に撮られています。


男性プロデューサーは既婚者ですが、
現在は都内のマンションに単身赴任しています。

「路線バス不倫」とは

今回の不倫(疑惑)は、「路線バス不倫」
というタイトルがつけられています。

それは、夫の太川陽介さんが、
路線バスを乗り継ぐ旅番組のロケで
家を空けている最中に、

妻の藤吉久美子さんが別の路線バスに乗って
不倫相手の住むマンションに
行っていたことからつけられた名前です。


太川さん、路線バスのお仕事やりずらくなっちゃいますね。

それすらも、太川さんなら笑いのタネにしていくのでしょうか…?


不倫脳ってどんな脳?不倫しやすい人の7つの特徴チェックリスト

夫・太川陽介 終始笑顔の記者会見

嫁の不倫疑惑報道に対して、
夫の太川陽介さんは終始笑顔。

「何というタイミングの悪さ。
今『バス旅』のナレーションを録っていました」

と苦笑いしながら入ってきて、


「今回はウチのバカモンが、ハハッ(苦笑)
もう軽率な行動を取って
騒ぎになってしまって
本当に申し訳なく思っています」


「だいだいおしどり夫婦って言うとなんかあるよね、ハッハハハハ!」
「(レポーターに)疑ってるよね!疑うよね(笑)」
「脇が甘いなと思わず言いました(笑顔)」

…と、終始頑張って笑顔で笑い飛ばし、
妻の不倫疑惑を完全否定。


そして、不倫(疑惑)妻に対しては

「もう、みんながみんなそう思っても
ぼくは信じていますよ。
カミさんだもん、だって。
ぼくはもう、信じますよ」


「世間から厳しい目で見られる。
本当に大変だよ。
でも僕がとにかく守るから
だからもう大丈夫!」

「僕は全然平気だよ、
とにかく守っていかなきゃいけない」

と、自分に言い聞かせるように力強く発言していました。


週刊文春に、

「奥さんが男性とホテルに泊まっていましたが」
と直撃された時は

「それ以上聞きたくない」
と絶句していた太川さんですが、


ご自分が今まで培ってきたお仕事と、
そして息子と3人の家庭を守るために
これからの夫婦の路線を決めた、

笑顔の裏に覚悟がチラ見えする会見でした。

スポンサーリンク

嫁・藤吉久美子は涙の謝罪会見

一方妻の藤吉久美子さんは、
報道陣の前に現れる前から
涙をこらえ、唇をかみしめて登場。

「仕事のために必要なチラシをマンションに置かせてもらっていて
どうしても取りに行く必要があった(ので合いカギを使った)」

(同じホテルの部屋に泊まったことについては)

「(和装の)お姫様の格好をしていたので
身体が凝り固まってしまい、
ほぐしてもらっていた(マッサージしてもらっていた)」

など、あくまでも、藤吉さんの歌のライブを
手伝ってくれるスタッフであり、

異性として好意があったということは絶対ない
と説明していました。


「浅はかだったと思います(泣)」

「本当にこんな妻で申し訳ありません(グスッ)」

と、ほぼすっぴんと思われるその顔は、
終始涙・涙状態でした。

(「涙・涙=ルイルイ」じゃないよ)


夫の太川陽介さんに対しては
「信じてくれる気持ちに応えられるような
妻になりたいと思っています(グスッ)」

「私はもう彼に守ってもらわないと
生きていけないと…(泣)」

会見を見れば本当に男女の関係があったかどうか
だいたい察しがつくものです。


本当に男女の関係がなかったのであれば、
あんな会見にはまずならないでしょう。

潔白ならもっと毅然とした態度で対応できるはずなんですよね。


まあ、密室でのことですから、
100%男女の関係がなかったとも、あったとも、
お互い証明することはできませんけど…。


息子さんもおられるのだから、
母親として恥ずかしくない生き方をしてほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする