船越英一郎の事務所松居一代を提訴!驚愕の損害賠償請求額は

YouTubeなどの動画サイトに動画を投稿したり、自己のブログ(アメブロ)に船越英一郎さんの名誉を棄損する内容の記述をしたことで、船越英一郎さんの所属事務所・ホリプロが松居一代さんを提訴しました。

スポンサーリンク

事件の経緯

今年(2017年)7月、タレントの松居一代さんが、突然謎のメッセージ動画をYouTubeにアップしました。


その後も、謎の動画を次々にアップ。

ブログにも、意味深なメッセージを書き続けました。


謎のメッセージの内容は、

最初は週刊文春に対する抗議かと思いきや、

夫である船越英一郎さんへの不倫疑惑と、

それを証明するための証拠の品などを掲載するなど、

その行動はどんどんエスカレート。

時を同じくして松居一代さんは、

マスコミからも自宅からも姿を消し、

これまた謎の逃避行を続けたことも話題になりました。


しばらくして、事を重く見た
船越英一郎さんとその所属事務所・ホリプロが、

「法的措置に乗り出したようだ」
と言う報道が流れました。


この報道が流れたこと、さらに、


松井さんのブログを乗せている
アメブロの運営会社であるサイバーエージェントから、

「名誉棄損に当たる部分を削除しない場合は
松井さんのアカウントを凍結する」

との警告を受けたことなどにより、

松居一代さんの一連の謎の行動も一気に沈静化。


最近はご本人のブログやTouTube動画、

マスコミの報道も静かなものになっていたのですが…。

スポンサーリンク

起訴内容と損害賠償請求金額

ニュースサイトなどの情報によると、

 俳優の船越英一郎さん(57)の

不倫疑惑などを動画投稿サイトに載せられ、

名誉を傷つけられたとして、
船越英一郎さんの所属先である芸能事務所・ホリプロが、

妻で女優の松居一代さん(60)

300万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていたことが17日、わかった。


船越英一郎さんクラスのタレントさんが、

あれだけ公共の場で誹謗中傷されておきながら、

損害賠償請求額は、

わずかに300万円とか…。


理由はなぜなのでしょうか。

さらに、訴状内容は以下の通りです。

松居さんは2017年7月、

ブログやユーチューブに、

船越さんの不倫疑惑のほか、

「大きな事務所はテレビ局にも圧力をかけている」
などと投稿。

ホリプロ側は
「いずれも真実ではなく、名誉や信用を傷つけられた」
と主張している。

とのこと。

同じく11月17日、すでに東京地裁において、

「第1回口頭弁論」が開かれ、

松居一代さん側は請求棄却を求めて争う姿勢を示したということです。


船越さんはこの6月に、
離婚調停を申し立てていますが、

いまだ離婚成立には至っていません。
 


久しぶりに船越・松井夫婦の問題に
大きな動きがありましたね。


松井さんのあの行き過ぎた告発は、
名誉棄損として訴えるに十分なものであったと考えますが、

それにしても賠償請求金額がわずか300万円とは、驚きです…。


コトがコトだけに、提訴はせざるを得ない、
けれども「裁判を長引かせたくない」などの理由で、
賠償金額がおさえられた結果なのでしょうか。


確かに、受けた損害は300万では補いきれない規模であるものの、

今後の船越英一郎さんのタレント生命を考えると、

事務所としても早く終了させて過去のことにしてしまいたいですよね。


これまでのことの顛末と請求額を考えると、
「請求はほぼ認められ、損害賠償命令が下されるであろう」
と推測されますが、どうなるのでしょうか。

今後の裁判の行方が気になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする