水素水は抗酸化力の効果が絶大!水素が体に良い理由とは?

高い抗酸化力を持ちながら、副作用がない水素水

水素水とは、簡単に言うと水素が溶けた水のことです。

4061


2007年、アメリカの医学誌『ネイチャー・メディシン(Nature Medicine)』において、水素による抗酸化作用と健康効果に関する論文が発表され、その後さらなる研究がすすめられるようになり、水素水は徐々に私たちの生活に浸透するようになりました。


スポンサーリンク

悪玉活性酸素だけを無効化する水素の効果

水素は、体に有害な悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルだけに作用し、これと結びついてフリーラジカルとなっていた酸素の電子を安定させ、水に変えて排出する働きがあります。

水素水


抗酸化物質には、ビタミン類やポリフェノール類、コエンザイムQ10など様々な種類のものがありますが、ヒドロキシルラジカルを見分けて排除することができるのは、水素だけなのです。

※フリーラジカルとは、電子を失ってバランスを欠いた危険な活性酸素の状態を言います。

水素水の抗酸化力はなぜ高い?

あらゆる抗酸化物質の中でも、群を抜いて高い抗酸化作用を持つ水素ですが、その抗酸化力の秘密は水素の分子の大きさと、気体であるという性質にあります。

水素の分子は地球上のどんな物質より一小さい

水素の分子はとても小さく、体中のどこにでも入り込める構造をしています。

そのため、ビタミンCやE、カテキンなどのポリフェノール分子が入ることのできない細胞の隙間にまで入り込み、活性酸素に働きかけることができるのです。

水素水の分子は小さい

気体分子である水素は、水溶性・脂溶性の影響を受けない

人の細胞膜は脂でできています。

このため、ビタミンCなど水溶性の物質は、細胞膜を通過することができません。


一方で、細胞の中の細胞質は水溶性のため、脂溶性のビタミンEやコエンザイムQ10などは細胞の中に入り込むことができません。


これに対し水素は、小さな気体の分子です。


水溶性・脂溶性の制約を受けることなく細胞膜を通過し、さらにその中へと入り込んでオールマイティな抗酸化作用が発揮できるのは、水素だけなのです。

スポンサーリンク

ビタミン類と違い、水素は多く摂りすぎても副作用がない

ビタミンEをとりすぎると骨粗鬆症になる?

ビタミンEは、高い抗酸化力を持つことで知られていますが、とりすぎると破骨細胞(はこつさいぼう)という骨をもろくする作用のある細胞を活発にしてしまいます。

破骨細胞が活性化しすぎれば、将来骨粗しょう症になってしまう可能性も出てきます。


この破骨細胞を活性化する現象は、かなりの量をとらないと起きないため、食事からのビタミンE摂取を制限するほどではありませんが、サプリメントなどでビタミンEをとっている方は、一日の用量を守り、飲み過ぎないように注意しましょう。

ビタミンEサプリメント


さらにビタミンEは、活性酸素を無効化して抗酸化作用を発揮すると同時に、ビタミンE自らが酸化して体内にとどまり、体に良くない作用をしてしまうことがあります(=ビタミンEラジカル)。

このようなビタミンEの酸化を防ぐためには、ビタミンCが必須となります。

このため、ビタミンEのサプリメントには、ビタミンCが一緒に配合されている製品が多いのです。

水溶性で害がないと言われるビタミンCにも副作用?

ビタミンEと並んで高い抗酸化作用を持つビタミンCは、水溶性のため、とりすぎても尿と一緒に排泄され、体にとどまることはありません。

そのため、副作用はないと言われています。


ですがそんなビタミンCでも、一度に多くとりすぎれば、下痢を引き起こしやすくなることがあります。

4063

下痢を起こせば、体にはそれなりの負担がかかります。

体は、体調不良の状態を正常に戻そうと必死に働くので、活性酸素の産生も活発になります。


ビタミンEもビタミンCも、食事から摂る分には問題ありませんが、サプリメントで摂る場合は、メーカーの推奨する以上の量を飲まないよう心がけましょう。

水素を摂りすぎても、気体になって出ていくだけ

水素は、体内で活性酸素と結びつくと水になって出ていきます。

ではとりすぎた水素はどうなるかと言うと、呼吸と一緒に外に出ていくだけです。


水素はもともと空気の中にたくさん含まれる気体なので、副作用など起こすことがないのです。

バランスの良い抗酸化を!

水素水による抗酸化作用が高いと言っても、水素水さえとっていれば、食事から摂るビタミンやポリフェノール、フィトケミカルによって得られる抗酸化作用をおろそかにして良いということではありません。


食事からも抗酸化、毎日飲む水やお風呂の水からも抗酸化を心がけることが、より高い病気予防効果・老化予防効果につながります。


病気の治療にかかるお金は、水素水やサプリメント代の比ではありませんし、体にかかる負担や体力の消耗にかかる代償は計り知れません。


何ごともバランスが大切です。

日々の生活習慣の積み重ねと抗酸化生活が大切であることを忘れず、毎日を元気に過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする