ブラピ・アンジー離婚回避・復縁でブランジェリーナ復活?

離婚に向けて調整していたというブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー夫妻に、復縁のウワサが持ち上がっています。

何をやっても「お騒がせ」になってしまう二人の動向ですが、今後はどうなっていくのでしょうか…?

スポンサーリンク

復縁に向けた前向きな話し合いをしている!?

イギリスのメール・オン・サンデー|デイリー・メール・オンライン(Mail On Sunday | Daily Mail Online)によると、ブラピ(ブラッド・ピット)とアンジー(アンジェリーナ・ジョリー)は、どうやら復縁に向けた話し合いをすすめているらしいのです。

離婚騒動の発端は、2016年の9月にブラピが、ふたりの長男で養子のマドックスに手をあげた(つまりぶん殴った)ことをきっかけに、ブラピとアンジーの間で口論となり、アンジーが離婚を申請した…というものでした。

アンジェリーナは「一人でいるのがつらい」

メール・オン・サンデーE onlineの情報では、

アンジーは
「私はシングル(独身)を楽しんでいないわ。こんなの私が望んだことじゃない。良いことなんか何もない、ただつらいだけ…」

原文”I don’t enjoy being single. It’s not somethingu I wanted. There’s nothing nice about it. It’s just hard.”

と言っているそうです。

ブラピは「直していきたい」

一方でブラピは、アメリカ・GQ Style誌のインタビューで、
「家族が第一。子供たちの声に耳を傾けないといけない。仕事が忙しくなると、僕はちゃんと聞いてあげなくなってしまっていた。そこを直していきたいと思っている」
と発言しています。

ブラピはもともと、離婚については
「夫婦が戦うのは子供たちを傷つけるだけ。子供たちを守りたいから離婚はしたくない」と言っていました。

酒びたり生活も「完全断酒」へ

さらにもう一つの、アンジーの怒りの元になっていた「酒びたり生活」についてもブラピは、

「子供を持った時、酒以外のものは全部やめた。でも、僕はうまくできていなかった。
僕は酒を飲み過ぎていたんだ」
と語り、数か月前から24時間付きっきりのコーチを雇い、24時間体制で断酒を続けています。

今のブラピは「僕の尿はLAで一番きれいだよ、保証する」と言っているそうです…。

保証されても、別に調べたくもないですけどネw。

スポンサーリンク

ブラピのドラッグ中毒の克服

「酒以外のものは全部やめた」というセリフの「酒以外のもの」とは、ドラッグ関係のことをさしているようです。

ニューヨーク・ポスト紙によると、マリファナをやっていたブラピは、今はハリウッドスター専門の薬物リハビリセンターに通っていると報道されています。

10か月ぶりの再会

ブラピの真摯な反省の態度を受けて、アンジーの怒りはおさまってきており、ビバリーヒルズの友人宅で10か月ぶりの再会を果たすことができたのだそうです。

熱く抱きしめあった二人は、涙を流しながらお互いのホンネを語り合ったとか。

冒頭のメール・オン・サンデーによると、二人はビバリーヒルズの郊外にそれぞれ新たな家を購入し、近すぎず遠すぎない距離にお互い身を置いて、様子を見ながら交流をはかっているようです。

これまで子供と会うことを制限されていたブラピは、今では好きな時に子供たちと会うことができるようになっています。

復縁は子供たちの願いだった!

二人の復縁を誰よりも望んだのは、養子を含めた6人の子供たちでした。

「いつも子供たちのことを中心に考えている」と言っていたアンジーにとって、子供たちの復縁への願いを無視することはできなかったのかもしれませんね。

今後は、離婚という形はとらず、さりとて当面もとの「ひとつの家族」に戻るというわけでもなく、少し距離を置いた関係をしばらく続け、どちらの方向へ行くのが家族みんなのためか、様子を見ながら一歩一歩手探りで進んでいくことになるのでしょう。

ふたたび「ブランジェリーナ」としてメディアの前に二人で姿を現す日も、遠くないかもしれません。


子供が傷つくのは、どこの親だって見たくないもの。

酒グセやドラッグ、暴力で子供を傷つけるのか、離婚で子供を傷つけるのか、全てを反省してみんなで幸せを築いていくのか、今後もブランジェリーナの動向から目が離せないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする