牡蠣に多く含まれる亜鉛の健康効果・食べ合わせによる相乗効果とは

亜鉛は、私たちの体を維持する上で欠かせないミネラル成分です。

ヒトの体の中には約2000種類の酵素が存在し、生命を維持するために活動しています。

亜鉛は、それらの中のおよそ300種類の酵素の働きにとって欠かすことができない重要なミネラルであり、主に細胞の新陳代謝を助ける役割を果たしています。

酵素は、食べ物を消化・吸収し、体内のあらゆる部分で必要な役割を果たす、私たちの生命の源でもありますから、亜鉛が不足すると、肌や髪の毛などの外面的要素だけでなく、脳、内臓、骨、筋肉など、あらゆる器官に悪影響を及ぼしてしまうのです。

さらに亜鉛は、男性ホルモンの材料となる他、女性ホルモンの分泌を促す働きもあり、男性らしさ・女性らしさを作る源でもあります。

亜鉛を多く含む食材

亜鉛を多く含む食材は、以下の通り。

◆カキ
◆肉類
◆貝類・海藻類・タコなどの海産物
◆チーズ
◆卵

…などなどいろいろありますが、何と言ってもあらゆる食材の中で亜鉛を多く含む食材のダントツ1位はカキです。

カキは、『海のミルク』『海の完全食品』などと呼ばれ、亜鉛の他にも、美容・健康に役立つ成分が数多く含まれており、毎日でも食べたい健康食材なのです。

スポンサーリンク

夏こそ亜鉛をたっぷり食べたい!

そんなスーパーミネラル・亜鉛ですが、実は食べた食材から体内に吸収されるのはわずか30%と言われています。

あとの70%は、残念ながら体をスルーして体外に排出されてしまうのです。

また、亜鉛は水溶性のため、汗などと一緒に流れ出てしまうことも…。

さらに、ストレスを受けると、ストレスによってできた体内のダメージを修復するために、亜鉛が大量に消費されてしまいます。

汗をかきやすく、気候のの変動によるストレスが多い夏は特に、亜鉛を積極的に摂る必要があるのです。


このように亜鉛は、体の中のいたるところで必要とされているため、毎日摂っているつもりの人でも不足がちになってしまいやすい栄養素です。

日本人の約30%~40%は亜鉛が不足しているという調査結果も報告されていますので、毎日の食生活には注意が必要です。

亜鉛を効率よく吸収できる食べ方

カキ+レモン

生ガキにレモンをしぼって食べるとおいしいですよね!

レモンに含まれるクエン酸とビタミンCは、亜鉛の吸収率をアップさせる働きがあります。

生ガキのレモンがけは、亜鉛の吸収に最高の組み合わせなのです。

カキ+ニンニク

ニンニクには、ビタミンB6がたっぷり含まれており、私たちのストレスを軽減する役割を果たします。

さらに、体内で消化・吸収した亜鉛が正常に働くようサポートしてくれる働きも…!

毎日亜鉛を摂っいてても、日々のストレスが強ければ、そちらのケアに亜鉛が消費されてしまうことになりますから、ニンニクと一緒に食べることで、亜鉛を体内で無駄なことに使わなくて済むというわけです。

カキ+アオサ

カキには、亜鉛に加えて銅も含まれています。

アオサには、マンガンというミネラルが含まれています。

亜鉛・銅・マンガンは、体内で抗酸化力を発揮する酵素の材料となるため、カキとアオサを組み合わせて食べることで、免疫力アップ・生活習慣病予防・風邪などの感染症予防効果が期待できます。


瀬戸内海産牡蠣エキス配合【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする