最強寒波2018到来!48年ぶりの寒さいつまで?気象予報士の予想

100年に2~3度あるかないかという最強寒波が到来しています。

日中天気が良い中外出しても本当に寒いですね…。

東京がマイナス4度を記録したのは、1970年1月17日以来。

実に48年ぶりの寒波、ということになります。

この寒さは、一体いつまで続くのでしょうか。

スポンサーリンク

当記事は、2018年1月25日のデータをもとにしています。
参考:TBSテレビ「ひるおび!」
気象予報士 森朗 氏

各地の最低気温

札幌 -12.7度
秋田 -7.9度
仙台 -6.7度
新潟 -5.1度
東京 -4.0度
金沢 -3.9度
名古屋-3.8度
松江 -2.5度
高知 -3.8度
福岡 0.0度
鹿児島-0.1度

その他、北海道の喜茂別町では、-31.3度を記録しています。

低温注意報発令


東京千代田区・日比谷公園の噴水

あまりの寒さに、「低温注意報」なるものが発令されました。

これは、あまりの低温により、災害が発生する恐れがあると予想した時に発表される注意報です。

東京における低温注意報の発表基準は以下の通り。

冬季:日最低気温がマイナス7度以下・玉西部はマイナス9度以下

夏季:日平均気温が平年より5度以上低い日が3日続いた後、さらに2日以上続くとき


予想される災害としては、

●水道管の破裂
●農作物の被害

などがあげられます。

関東・東京2月1日「雪」の可能性!

なぜこんなに寒くなってしまったのか

寒気がたまっている

気象予報士の森朗さんによると、「寒気がたまってきている」のだそうです。


上空に寒気がたまると、冷えて重くなった冷たい空気が地上に降りてきます。

上空の寒気が風などで飛ばされ、通り過ぎていけば寒さは弱まりますが、地上に降りた冷たい空気が消えるまでには少し時間がかかります。


この冷たい空気が消え去らないうちに、新しい寒気が上空に来て、また冷たい空気を地上に落としていく…という感じで、繰り返し来る寒気によって、冷たい空気が蓄積され、放射冷却によってどんどん冷やされている、という状況です。

低気圧が3個もある

現在は、西高東低の冬型の気圧配置になっています。

それ自体は例年通りのことですが、低気圧が3つもあることが問題です。

寒気を取り込む低気圧が3つもあることによって、日本の上空に寒気がグルグルと回りながらとどまり、なかなか立ち去ってくれない、という状況になっています。

スポンサーリンク

2月いっぱい寒さが続く!?

この寒さはしばらく続く模様です。

1月24日に発表された3か月予報でも、2月にかけても気温が低めであることが予想されています。

期間としては、2月いっぱいくらいは寒波が居座る可能性がありますが、来週(1月29日月曜~)あたりは、東京においては「最低気温が氷点下」の状況は若干和らいで、最低気温0度~1度の日々が続くと予想されています。


出典:weather.yahoo.co.jp


わずかながらも気温が上がることと、体が慣れてくることで、来週は体感的には「ちょっと楽になってきた」と感じられることでしょう。


島根県松江の宍道湖
手すりに、風に吹かれて斜めに凍るつららができています。
(※イカの一夜干しを作っているのではありません。)

関東で再度大雪が降る可能性

気温がとても低い間は、関東では大雪になる心配はなさそうです。

ただし、今現在居座っている寒気が抜ける頃、弾丸低気圧が襲ってくる可能性もあり、その時は雪になる可能性もあるでしょう。

関東・東京2月1日月曜に雪予報でまた電車止まる?高速道路規制は?


まだまだ早朝の時間帯などは道が凍っていることもありますので、不要不急の外出は減らし、寒さ対策・降雪対策は十分に整え、暖かくして過ごすようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする